ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は12日、イランとの親善試合に向けた前日練習を行った。

「何人かの選手を替えることになる。私にとっては、何人かの選手の可能性を探るためにも、この試合を有効活用したい」

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、イラン戦の意義を語った。入れ替えは約半数になるようだが、「競争心を植え付けたい」というようにこの一戦は重要なテストの場となる。

「この前の試合の前半で良かった、悪かったというのは関係ない。他の選手をトライして可能性を見たいだけだ」

 シリア戦では選手の距離感を調整して結果をもたらしたハリルホジッチ監督。「いつスピードアップするか、スピードダウンするか。それは日本代表のアイデンティティを求めなければならないところ」と、チームにとって最適な戦いを模索している。

 日本に合った戦い方はイランとは違う。「例えばイランが得意とする空中戦や高いクロスを狙うことではない。それはわれわれのクオリティではない」という。「我々の目指すべきところは、速いグラウンダーのクロスを(相手の)背後に狙うことだ。そしてできることなら、広がりや奥行き、3人目や4人目を使うということだ」と述べた。

 この試合では南野拓実のデビューも期待されるが「A代表に入っていきなり偉大な選手になるわけではない」と、当然のことながら指揮官は若手を持ち上げることはしない。それでも「トレーニングを見ても、ここにいる資格はあると思う」と話しており、南野が大きな可能性を持っているのも事実だ。

 プレーについては「常に動きながらプレーしてくれるし、ボールを背後に要求できる選手だ。ゴール前に頻繁に現れてシュートも打てる」と評価する。期待の新星はイランの地で代表初キャップ飾ることになるのだろうか。

text by 編集部