<資料>
 ドル/円が一気に116円台まで暴落した「8・24パニック」相場から、本13日は36営業日目になる。

 この「8・24パニック」と比較的類似していた過去の例として、2007年8月16日、2008年10月24日、2010年5月6日、以上3回の「ドル急落パニック」相場があった。この3回は、急落時のドル安値を更新するまで、35〜60営業日、平均45営業日かかっていた。

 これを参考にすると、このところ方向感のない展開が続いているが、そろそろ「8・24パニック」で記録した116円台のドル安値更新への動きが始まってもおかしくない局面が近付いている可能性もある。

 ちなみに上述の3回のうち、ドル安値更新の最短は2008年10月24日から35営業日という例で、一方、最長は2007年8月16日から60営業日という例だった。後者のケースでは、41営業日目にドルは戻り高値を記録していた。

 以上をまとめると、「8・24パニック」から30営業日以上過ぎてきた現在の局面は、過去の似た相場を参考にすると、ドル安値更新の最短なら116円割れに向かってもおかしくない一方、最長なら逆に「8・24パニック」後のドル戻り高値をつけてもおかしくない、そんな正反対の可能性があるのかもしれない。

 先週金曜日のドル終値120円は、「8・24パニック」後のドル安値116円より、戻り高値121円に近い。では今回は、上述のドル安値更新まで最も時間がかかったいわゆる「最長ケース」に近い展開となっているのか。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=63894

 そろそろドル安値更新に向かうのか、それともそれはまだ1か月ぐらい先なのか、はたまた今回はもっと時間がかかり、むしろしばらくドル高に向かう可能性もあるのか。過去の例を参考にすると、それを決める手掛かりはやはり株ではないか。過去のドル急落再燃は、株急落再燃がきっかけになることが多かったようだ。(了)

◆10月のFXアカデミア関連の会場及びWEBセミナーのご案内
10月14日=M2JFXアカデミア予測編第一部講義
10月28日=「100万ドルナイト」為替短中期予想セミナー
http://www.m2j.co.jp/seminar/

【吉田 恒氏】
1985年、立教大学文学部卒業後、投資情報会社の代表取締役社長などを経て、2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケットエディターズ」の日本代表に就任。国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的に行っている。また「M2JFXアカデミア」の学長も務めている。
2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。「わかりやすい、役立つ」として、高い顧客支持を有する。
著書に『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)など

●FXマーケットスクウェア http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/
●ツイッター http://mobile.twitter.com/yoshida_hisashi
●FXの学校「アカデミア」 https://www.m2j.co.jp/mp/my_fxacademia/