長友佑都【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は12日、イランとの親善試合に向けた前日練習を行った。

 シリア戦からメンバーが入れ替わることになりそうだが、長友佑都は「これから長いW杯予選で誰かが欠ける、誰かが怪我するというのは必ず出てくる。誰が出てもいいパフォーマンスができるように」とメンバーチェンジを歓迎した。

 イランの映像を見たという長友は「すごくいいサッカーをしている。フィジカル面や球際の激しさはレベルが高い」と評価。上手さの部分では日本が上との見解を示しつつ、相手のストロングポイントを称賛した。

 守備に回る時間も長くなると思われる中、どのように対応していくのか。「身長の高い選手が多いので、クロス対応やマークをしっかりつけるように」と、自由にプレーさせないことを念頭に置いている。さらに「相手はサイドバックが上がったスペースを狙ってくる。(自分が)上がる時はいいタイミングで、頭を使うようにしないと」と、オーバーラップの際の注意点にも言及した。

 シリア戦では選手同士の距離感を近づけることで、チームのパフォーマンスが向上した。だが、そうすることで『縦に速いサッカー』から離れないか、という問いには「いやいや、縦に早いというのは変わらないです。ただ90分間速いサッカーはできないので、自分たちで判断していかなければいけない。監督が外からすべて指示を出すのは難しい」と述べた。

 状況に応じたプレーが出せるか。アジアの強豪・イランとの手合わせは絶好の機会となる。

text by 編集部