ツタンカーメン王の黄金のマスクと並ぶ、3大黄金マスクの一つである「アメンエムオペト王の黄金のマスク」が21年振りに来日!

写真拡大

TBSテレビ60周年特別企画として、東京都港区の六本木ヒルズ内、森アーツセンターギャラリーで2015年10月16日から16年1月3日まで「国立カイロ博物館所蔵 黄金のファラオと大ピラミッド展」が開催される。。世界一のエジプトコレクションを誇る国立カイロ博物館の膨大な収蔵品の中から、黄金のマスクやクフ王の銘が入った彫像など100点あまりのエジプトの至宝を展示する。

エジプトでしか見られないコレクションを一挙に公開

ピラミッドが建設された古王国時代を中心に、ファラオや王家の女性、貴族の活躍、ピラミッド建設を支えた人々の暮らしなど、末期王朝時代までを紹介し、古代エジプトの世界やピラミッドの謎に迫る内容となっている。東日本国際大学学長で考古学者の吉村作治さんが監修者を務めた。

エジプトでしか見ることができない、ツタンカーメン王の黄金のマスクを撮影した4K映像シアターも必見。

チケットは、一般1800円(前売1600円)、高・大学生1500円(前売1300円)、小・中学生800円(前売600円)。

開場時間は10時〜20時。