え、全部普通預金だけど……⇒○% 働く女子の資産運用とは

写真拡大

みなさんは貯金をそのまま普通預金に入れていますか? それとも定期預金などに回していますか? まとまった額の貯金があるなら、少しでもお金を多く殖やしたいですよね。実際に資産運用している女性はどのくらいいるのかが気になります。そこで今回は働く女性のみなさんに「貯金の資産運用」について、実践していることを教えてもらいました!

Q.貯金はすべて銀行の普通預金に預けていますか?

「はい」70.2%

「いいえ、一部資産運用している」29.8%

貯金をすべて「普通預金に預けている」という人が7割でした。資産運用に回している人は3割弱にとどまりました。では「一部資産運用している」と回答した人に、どんなきっかけではじめたのか、はじめて良かったことを詳しく聞いてみましょう。

■金利のいい定期預金

・「定期預金に預けている。普通預金より少しだけ利率が良い」(32歳/不動産/専門職)

・「定期預金。金利がいいので」(27歳/商社・卸/事務系専門職)

・「定期に入れている。キャンペーン金利のときに入れるようにしている」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

資産運用をしている方の回答で多かったのが「定期預金に預けている」というものでした。株やFXなどはリターンがある分、リスクがともないます。定期預金ならリターンは少なめでもリスクがないので安心だし、一番気軽にはじめやすいですよね。

■貯蓄型保険

・「貯蓄型の保険で貯めている。老後のために貯めている」(27歳/アパレル・繊維/秘書・アシスタント職)

・「保険型の貯蓄。ファイナンシャルプランナーにわが家の家計を相談したところ、勧められた」(32歳/電機/技術職)

・「貯蓄型保険や定期など分散中。分散することで色々な知識を得られた」(33歳/金融・証券/事務系専門職)

「貯蓄型保険」で貯めているという意見も多くありました。満期になったときが楽しみですよね。ファイナンシャルプランナーのような専門家に相談すると、一番効率のいい資産運用方法を教えてもらえるので初心者でも安心です。

■投資信託、外貨預金、株

・「投資信託、外貨貯金。外貨貯金は親がやっていて知識があった。今もうけているのでやって良かった」(33歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)

・「株。NISA。株主優待がいい」(26歳/その他/秘書・アシスタント職)

・「株。増やせたらいいなと思って。思ったより気軽にできてよい」(33歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)

本格的な資産運用として「投資信託」「外貨預金」「株」を実践しているという声もありました。投資信託はファンドマネジャーがやってくれるので、自分でやる株よりは敷居が低いのがいいところです。株は「株主優待」などがあるのもメリットのようですね。

約3割の「一部資産運用している」と答えた人の中には、定期預金や貯蓄型保険などの初心者でも比較的やりやすい方法を実践している人もいれば、投資信託や株などの本格的な資産運用をしている人もいました。「資産運用」と聞くと難しそうに聞こえますが、ファイナンシャルプランナーなどの専門家に相談すれば安心です。冬のボーナスが出たら、あなたも資産運用をはじめてみませんか?

(ファナティック)

※画像は本文と関係ありません
※『マイナビウーマン』にて2015年9月にWebアンケート。有効回答数245件(22歳〜34歳の働く女性)