今年球団創設80年を迎えた名門・阪神タイガースでは、各時代にきら星のごとくスターが生まれた。1948年、まだ1リーグの時代に入団した後藤次男氏が語る。

「当時は『ダイナマイト打線』と呼ばれ、打率10傑にタイガースの選手が7人も名を連ねていた。私が1番を打って、3番別当(薫)さん、4番藤村(富美男)さん、5番土井垣(武)さんというオーダー。“物干し竿バット”でホームランを量産する藤村さんを筆頭に迫力がありましたね」

 藤村は「初代ミスター・タイガース」と称される大スター。後藤氏は物干し竿バットの誕生背景を知る人物だ。

「入団した時の平均のバットの長さは34インチだったが、藤村さんのものは38インチだった。私は藤村さんの影響で35インチから36インチに変えた。当時はシュートを投げる投手が多く、ベースから少し離れて打つのにいいかなと思ったから。広い甲子園では右にも打たないと打率が稼げず、長めのバットでインコースも流し打ちをした。結果的には正解でした。

 1949年には46本(当時の日本記録)打って本塁打王になった藤村さんだが、初めは長距離ヒッターじゃなかったんです。物干し竿打法を編み出したのは、私と一緒に入団した慶応ボーイの別当さんへの対抗心から。別当さんが大きなホームランを打つので、“大学出に負けてたまるか”とライバル意識からブン回しているうちにホームランバッターになってしまった(笑い)」

 迫力のある打線は本場・メジャーのスター選手も一目置いた。

「私は初球打ちが得意で三振も四球も少なかったし、ヒットはよく打ちました。臨時コーチで来日したディマジオ(ヤンキース)に『オレの打撃に似ている』とミートのうまさを褒められたんですよ(笑い)」(後藤氏)

※週刊ポスト2015年10月16・23日号