チーム力底上げを狙うイラン戦…求められるのは新戦力の強烈なインパクト

写真拡大

 日本が来年勝ち進むであろう2018年ロシアワールドカップアジア最終予選、さらに3年後のロシア本大会に向け、絶好の力試しの場となる親善試合・イラン戦(テヘラン)が13日に迫ってきた。

 イランサッカーの聖地・アザディスタジアムで平日17時開始の一戦ということで、敵将であるカルロス・ケイロス監督も「集客には難しい日だが、5万人の観衆を集めるのが我々の仕事」と発言した通り、8万人がギッシリ埋まる状況にはならないようだ。それでも、中立地開催だった9月のアフガニスタン戦に比べると、凄まじいアウェームードが漂うのは間違いない。

「(アザディは)すごい大きなスタジアムですし、この前よりさらに人が入るので、楽しみです。イランとはいつもタフになるみたいなんで、しっかり勝ち切っていきたいです」と語る香川真司(ドルトムント)も結果を出して敵地のサポーターを黙らせるつもりだ。

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「メンバーの50パーセントを代える」と明言。8日のシリア戦(マスカット)とはスタメンが大きく変わりそうだ。その陣容を予想すると、まずGKは4試合連続無失点の原動力となっている西川周作(浦和レッズ)の先発が今回も有力視される。しかしながら、8月の東アジアカップ(武漢)の最終戦・中国戦で国際Aマッチデビューを果たした東口順昭(ガンバ大阪)が出る可能性も捨てきれない。イランは高さと強さに秀でた相手で、ハイボールを多用してくると考えられるだけに、むしろ東口の方が適した人選かもしれない。そこは指揮官の判断が待たれるところだ。

 最終ラインは、右サイドの酒井高徳(ハンブルガーSV)に代わって塩谷司(サンフレッチェ広島)の出場が濃厚。センターバックも槙野智章(浦和レッズ)ではなく、アフガニスタン戦を経験してピッチ環境や雰囲気を熟知している森重真人(FC東京)が抜擢される見通しだ。2014年ブラジルワールドカップ経験者の吉田麻也(サウサンプトン)、長友佑都(インテル)と森重がいれば、昨年10月のブラジル戦(シンガポール)以来、代表戦から遠ざかっている塩谷を十分サポートできるはず。今回は塩谷がイラン相手にどこまで攻守両面で効果的な仕事ができるかをしっかりと見極めるべきだ。

 中盤はボランチの山口蛍(セレッソ大阪)と柴崎岳(鹿島アントラーズ)が入れ替わって長谷部誠(フランクフルト)とコンビを組むのではないか。山口は右ひざの状態が芳しくなく、今回はムリを回避するはず。逆に柴崎は、欧州組を含むベストメンバーの試合という意味では6月のシンガポール戦(埼玉)から出番をつかめていない。「最近、代表の試合に絡んでないので、自分自身のプレーを示したいし、チームのために力を生かせればいい。特に僕ら若い世代、武藤(嘉紀=マインツ)や宇佐美(貴史=G大阪)、南野(拓実=ザルツブルク)もそうですけど、そういう選手たちがレギュラー陣たちを脅かす存在になってポジション争いするような環境が必要」と柴崎本人もこの一戦の重要性を強く認識しており、その底力を見せつけてほしい。

 2列目はやはり本田圭佑(ミラン)と香川真司(ドルトムント)という攻撃の主軸は残し、左にシリア戦で代表2点目をマークした宇佐美が抜擢される可能性が高い。「先発に対するこだわり? それは僕に限らず全員だと思いますけど、そこにしっかりこだわりながらやっていきたい。そういうメンタルは全員が持つべきだと思いますよ」と本人もシンガポール戦以来のスタメンに強い意欲を燃やしている。指揮官は左FWをこなせる選手のうち、武藤を1トップ、清武弘嗣(ハノーファー)をトップ下要員と位置づけている模様で、やはり今回は宇佐美に決めるべき部分を託すだろう。実際、その精度は誰よりも高いだけに期待を寄せたいものだ。