描いた絵が楽器になる「クラフトがっき」、iPhoneやiPad連携。導電性ペンで自由にお絵かき、最大4人でセッション可

写真拡大

Engadget 日本版 YouTube チャンネルより。クラフトがっきは、紙に導電性インクのペンで絵を描き、専用デバイスに挟んでアプリと接続すると、イラストが楽器になるというプロダクト。ソニー・ミュージックエンタテインメント、STARRYWORKS、ココノヱの3社が共同開発したものです。CEATEC JAPAN 2015で展示とデモンストレーションを行いました。

イラストを音楽を連携した絵遊びが可能で、最大4人までセッションが可能です。動画の尺は3分26秒。 



動画は以上です。チャンネル登録の上、お楽しみください。

CEATEC関連の動画は、

けん玉ロボ、世界一周なるか!? 高校生プログラマー × デンソー産業用ロボットアーム

村田製作所チアリーディングロボットショー。姿勢と距離感の群制御技術

ロボ電話RoBoHoNはこう動く。撮影 お辞儀でプロジェクター、シャープ携帯チーム謹製Android系ロボ

などがあります。

【関連記事】

スマートフォンで表示内容に干渉できるサイネージ『WallSHOP』を楽天が展示。本社にて実証実験中:CEATEC2015

二次元と三次元、異性のどちらにときめくかを計測する業の深いセンサーをロームが公開、大人気に:CEATEC2015

動画:村田製作所のチアリーディングロボットショー。姿勢と距離感の群制御技術:CEATEC2015

人間のあらゆる触覚を再現できる『3D触力覚技術』、ミライセンスが体感型展示:CEATEC2015

シャープ、約1600万円の85型8Kモニタを出展。受注生産限定で10月30日発売:CEATEC 2015

埼玉大学がKinectやロボットによる歩行リハビリ支援システムを展示:CEATEC2015

ドローン、ロボット、IoTにワクワクする未来......展示内容が多様化したCEATEC 2015、幕張メッセにて10月7日から開幕

転んだことも記録されるセンサー満載シューズで次世代行動解析:CEATEC2015

シャープの2足歩行ロボット型携帯電話 RoBoHoN 実機ギャラリー。感情に訴える、愛くるしさ全開の端末(動画