森重、自身のアピールに意欲見せるも「当然チームの勝利が第一」

写真拡大

 日本代表は国際親善試合のイラン代表戦を翌日に控え、12日にイランの首都テヘランにあるアザディ・スタジアムでトレーニングを行った。練習後、DF森重真人が記者団の取材に応じている。

 森重は8日のシリア代表戦では出場機会がなかったが、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は会見でシリア戦からメンバーを入れ替えると話しており、「チャンスをもらえると思う」と出場に意欲を見せる。

 そして、「いい準備をして臨むだけです。個人的にはしっかりアピールすることもやっていきたいですけど、もちろんチームの勝利が第一。まずはそこを目指すことと、個人的にもしっかり結果を残したいので、準備してきたことを100パーセント出す、そういう試合になるかなと思います」

「チームがしっかりと勝てば必然的に自分のアピールにもなると思うので、まずはチームが勝つためにやりたいですし、こういう相手に対して90分間やられないで終わるということが今の自分にとっては重要な事だと思うので、それを何試合も積み重ねていくことが大事なのかな」と、あくまでチームの勝利が最優先としたうえで、自身のアピールにもつなげたいと意気込んでいる。

 イランの印象に関しては、「最近対戦した中ではやっぱり良いチーム」と強敵であることを認め、特にクロスからの攻撃やサイドからの崩しが特徴だと警戒心を強めた。