「二度寝」の失敗の理由はどこに? Graphs/PIXTA(ピクスタ)

写真拡大

 目覚めたときに、眠気や疲れを感じて起きたくない......。そんなときに、ちょっと時間に余裕があれば、そのままもう一眠り。いわゆる「二度寝」の瞬間は、まさに至福のときだ。

 だが、過去の体験を思い返してもらいたい。二度寝をしても、気持ちよくそのまま目覚めて、一日中調子がよく過ごせたケースばかりではなかったはずだ。なかには、かえって体調を崩したたことはなかっただろうか。どうやら二度寝には、心地よく目覚められるタイプと、体調を崩すようなタイプの2種類があるようだ。

 睡眠医療の見地からすると、慢性的な疲れがあるときや、睡眠が足りていないときには、二度寝がよいほうに働くことがあるという。「あと5分......」と許されたその時間を心地よく感じるのは、体が要求しているものに対して忠実で、実際にストレス解消になっているという。

 ところが、この二度寝のメリットは、いったんしっかり目が覚めてしまった後に、再び仮眠を取ろうとしたときには得られない。つまり、眠気のピークに二度寝しなければ、人は心地良さや満足を感じないものなのだ。

 これは、ホルモンのひとつである「コルチゾール」が関係しているといわれている。コルチゾールは,血糖値維持や肝臓にあるグリコーゲンを分解してブドウ糖にして、血糖値をあげる働きをもつ。朝起きて、すぐに活動できるのも、このコルチゾールのおかげだ。そのため、日中は活発に過ごすために使われ、夜に向けて減少していく。そのほかにも、ストレスに耐えるための重要な役割を果たすため「ストレスホルモン」とも呼ばれている。

 コルチゾールは、睡眠初期のノンレム睡眠(深い眠り)で分泌が抑制され、明け方から分泌量が増え、起床前後でピークに達する。およそ起床の1〜2時間前、この時間帯にストレスを和らげ、快適さをもたらすコルチゾールが一気に分泌されるのだ。

心地よい目覚めはコルチゾールがもたらす

 心地よい二度寝ができるのは、コルチゾールが全身に行き渡るからだといわれている。むしろ、二度寝をしてコルチゾールを行き渡らせてから、一日の活動をスタートしたほうが心身の健康によいというのだ。

 しかし、目覚めた時点でコルチゾールの分泌が不充分だと、心地よさは得られない。そもそも、寝起きが悪いという人は、コルチゾールの分泌量が低下している可能性がある。コルチゾールは通常、午前6時頃から分泌が増え、8時頃にピークを迎える。だが、日中の強いストレスなどの影響によって、コルチゾールが必要以上に分泌されてしまうと、一日の分泌サイクルが乱れることがあるという。

二度寝で失敗しないためには?

 体調を崩してしまうような二度寝の"失敗"は、避けたいものだ。では、どうすればいいのか。それには、コルチゾールの分泌を正常にする必要がある。分泌リズムが乱れている人は、一日中、同じ量が分泌されていたり、常に正常値より低かったりすることがある。

 高値の場合は、コルチゾールが過剰に分泌される「クッシング症候群」や、過度なストレス、うつ状態、うつ病などの可能性がある。一方、低値は、副腎皮質ホルモンの分泌が低下してしまう「アジソン病」なども考えられ、副腎皮質ホルモン薬を長期間服用していても低くなることがある。

 コルチゾールを分泌する源は「副腎」。この機能を回復させることが大切だ。副腎の大きさはクルミと同じくらいだが、ヒトにとって重要な働きをもつ。非常に繊細で、些細なことでも予想以上のストレスの負担を受け、それが継続すると徐々に症状が慢性化する。

 そのため、まずは過度なストレスにさらされた生活、もしくは習慣をあらためることだ。たとえば、睡眠不足や運動不足などによる肉体的、精神的な疲労を防ぐこと。喫煙やカフェインの頻繁な摂取も、コルチゾールの過剰分泌を招くため、控えたほうがいい。ビタミンB群やビタミンCなどは、副腎皮質ホルモンの生成に役立つので積極的に食事で摂取する、などが挙げられる。

 二度寝が心地よく感じられるかどうかは、いわば慢性疲労のバロメーター。もし、疲労が抜けずに目覚めが悪いと感じるならば、副腎の機能回復を心がけてみてはいかがだろうか。
(文=編集部)