8年におよぶ闘病の末、死去したスティーブ・ジョブズ Bloomua / Shutterstock.com

写真拡大

 2011年10月5日、米アップルの共同創業者、スティーブ・ジョブズ会長は、膵臓がんの転移による呼吸停止で死去。享年56だった。

 1955年2月24日、シリア留学生の父、アブドゥルファター・ジャンダリとアメリカ人の大学院生の母、ジョアン・シーブルの長男として、カリフォルニア市で生誕。だが、ジョアンの父は、シリア人の父との結婚を許さず、経済的な事情も重くのしかかり、ジョブズは、ポール・ジョブズ、クララ・ジョブズ夫妻の養子に出される。この養子縁組が彼の命運を分けた。

 1976年、スティーブ・ウォズニアックとアップルコンピュータを創業すると、Macintosh、iPod、iPhone、iTunes、iPad、iMacのウルトラ・ヒットを飛ばし、時価総額6290億ドル(約75兆円)の世界最大企業のトップに君臨。ジョブズは、カリスマ経営者の名声と栄誉を一身に受け続けた。

東洋文化に傾注し、西洋的な現代医療を一切拒否

 しかし、命運は暗転する――。2003年、腎結石の検査を受けたジョブズは、膵臓に影があることが判明し、内視鏡による生検の結果、膵臓がん(神経内分泌腫瘍)と診断される。寝耳に水だった。

 東洋文化に傾注していたジョブズは、「権威を信じない!」と西洋的な現代医療を一切拒否。菜食主義を貫きながら、鍼灸治療、ハーブ療法、光療法などの自然療法や伝承療法に活路を求める。

 ところが、9か月後の精密検査で、がんの浸潤が明らかになったため、がんを摘出。療養後、一旦は復帰し、2005年6月12日、スタンフォード大学の卒業式に招かれた際に、「Stay hungry, stay foolish(ハングリーであれ、愚かであれ)とスピーチ。喝采を受ける。

 その3年後の2008年6月9日、第二世代iPhone(3G)の発表セレモニーに痩せ衰えた姿で登壇、聴衆やマスコミを驚かせる。がんは、すでに肝臓へ転移し、深刻な病態が進行していた。2009年1月6日、衰弱はホルモン異常による体重減少と報道され、重病説や辞任説は否定されるが、CEOを休職する。

 2009年3月、肝臓の移植手術を受けるものの、医師は「ジョブズの肝臓は4月までもたない」と宣告。移植手術後、体調は持ち直すが、2011年、膵臓がんが再発。2011年1月18日、休職が発表され、数カ月にわたって、分子標的治療などの最新の治療が懸命に施される。だが、死亡時には、がんは全身に転移していた。

8年間もジョブズを苦悩させた膵臓がんの正体は?

 死因の膵臓がん(神経内分泌腫瘍)とは何か? 厳密には、膵臓がんと神経内分泌腫瘍は同じではない。

 膵臓は胃の後ろにあり、十二指腸に隣接したブーメランのような形をした臓器だ。主に膵腺房細胞、膵管上皮細胞と呼ばれる細胞からなっている。これらの細胞は、食物の消化・吸収を促す膵液を分泌する。膵液は25種類以上の消化酵素などからなる消化液だ。タンパク質、脂肪、炭水化物を消化すると、不要な物質を体外に排出する。この働きを外分泌機能と呼び、膵臓の働きの95%を占めている。

 一方、膵腺房細胞と膵管上皮細胞の間に島のように見えるランゲルハンス島は、血糖を下げるインスリン、血糖を上げるグルカゴンなどのホルモンを分泌している。これらのホルモンは、血液中に送られ、体内でさまざまな作用を及ぼすため、体外に排出されない。この働きを内分泌機能と呼び、膵臓の働きの5%を占めている。

 このように膵臓は、外分泌機能と内分泌機能の働きを合わせもち、互いにコントロールし合い、全身のホメオスタシス(恒常性)の維持に役立っている。

 膵臓がんは、外分泌機能をもつ膵腺房細胞、膵管上皮細胞から発生する。一方の神経内分泌腫瘍は、内分泌機能をもつランゲルハンス島の内分泌細胞から発生する。

 つまり神経内分泌腫瘍は、内分泌細胞から発生する腫瘍の総称で、膵臓、下垂体、胃、十二指腸、小腸、虫垂、大腸などの消化管、肺、子宮頸部など、全身の臓器に発生する。膵臓に発生すれば膵神経内分泌腫瘍、消化管に発生すれば消化管カルチノイドまたは消化管ホルモン産生腫瘍と呼ぶ。

神経内分泌腫瘍の発症率は30年間で約5倍に急増

 ジョブズの診断書や死亡証明書の詳細は不明だが、開示情報によれば、ジョブズの死因となった神経内分泌腫瘍は、血液中にホルモンが過剰分泌され、機能性神経内分泌腫瘍と推定される。機能性とは、症状がはっきりと現れる腫瘍の意味だ。

 ジョブズの死因となった神経内分泌腫瘍の発症率は、日本では10万人に約1人。稀な疾患のため、ほとんど知られていない。だが、米国の疫学調査によると、神経内分泌腫瘍は、画像診断技術の発達で発見しやすくなったことから、この30年間で約5倍に急増。膵臓がんのうち、およそ5%が神経内分泌腫瘍と推測されている。

 また、離れた臓器に遠隔転移を起こしやすく、手術できない状態で発見されるケースが少なくない。ただ、外分泌細胞にできる膵臓がんと比べると、進行が遅く、悪性度は低いとも言われている。

 ジョブズが8年間もの闘病生活を強いられたのは、腫瘍の進行が遅かったことに起因しているのかも知れない。いずれにしても、発症直後のジョブズの判断と行動が、生死を分けた可能性は高い。

 死去前日の10月4日、iPhone 4Sの正式発表があった。ジョブズは、その発表を見届けて旅立った。バラク・オバマ大統領をはじめ、30年来のライバルでもあり良き友人だったビル・ゲイツなど、世界中の業界人やユーザたちが哀悼した。ロイターやCNNなどの報道によれば、死亡推定時刻は、10月5日15時頃(日本時間の6日7時頃)と判明。遺体は、7日にパロアルトの無宗派墓地に埋葬された。

成功と闘病。ジョブズの人生に移ろう光と影

 予告もなしに突然、価値観や方針を180度変える。信念のない意見やアイデアは無視する。人のアイデアを鼻であしらい、1週間後に「素晴らしいアイデアを思いついた!」と平然と言い放つ――。

 ジョブズは、現実歪曲空間と呼ばれる。アップル復帰後、社員は次々とリストラされ、「スティーブされる(クビになる)」がスラングになる。神がかりな創造力や闘争本能丸出しの独裁者ぶりは、シリコンバレーで恐れられ、完璧主義による強引な経営は批判も受けている。日本のPCメーカーを「海岸を埋めつくす死んだ魚」と辛辣にこき下ろした時もある。

 だが、ジョブズは「Think Different!(発想を変えよ!)」を終生、貫く。ハードとソフト(OS)を融合した垂直統合モデルの追求、グローバルな付加価値の創造、価格競争へのチャレンジ、ブランド志向の強いユーザの信頼づくりにこだわる。部下に高い目標を示し、超人的なリーダーシップを見せる。ライバル企業の経営者らをも魅了する人間性臭さが身上だった。

 若い頃から禅に傾倒。日本の文化に造詣が深く、家族と京都などをたびたび訪れた。ソニーの盛田昭夫の訃報に接した時は、追悼の意を表しつつ、トランジスタラジオ、トリニトロン、ウォークマンの開発に多大な影響を受けたと発言。ボブ・ディランやジョン・レノンの大ファンでもあった。

 「もし今日死ぬなら、今日やろうとしていることを本当にやるか?」と問いかけたジョブズ。答えがNoなら「Think Different!(発想を変えよ!)」。ジョブズは、毎日が最後の日であるかのように生きながら、世界の見方を変え、人びとの意識を変え、生活のあり方を変えた。

 名声と挫折。成功と闘病。イノベーションと死。スティーブ・ジョブズの人生に移ろう光と影が見える。


佐藤博(さとう・ひろし)
大阪生まれ・育ちのジャーナリスト、プランナー、コピーライター、ルポライター、コラムニスト、翻訳者。同志社大学法学部法律学科卒業後、広告エージェンシー、広告企画プロダクションに勤務。1983年にダジュール・コーポレーションを設立。マーケティング・広告・出版・編集・広報に軸足をおき、起業家、経営者、各界の著名人、市井の市民をインタビューしながら、全国で取材活動中。医療従事者、セラピストなどの取材、エビデンスに基づいたデータ・学術論文の調査・研究・翻訳にも積極的に携わっている。