負傷したMFキングスレー・コマン【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンに所属するU-21フランス代表のMFキングスレー・コマンが、10日に行われたスコットランドとの試合で負傷したようだ。11日に独紙『キッカー』が報じている。

 コマンはU-21欧州選手権予選に挑むフランス代表に招集され、スコットランド戦に出場していた。しかし、試合中に負傷し途中交代している。怪我の程度は明らかになっていないが、重傷であれば数週間の離脱があるかもしれない。なお、試合は2-1でフランス代表が勝利している。

 バイエルンでは、アリエン・ロッベンやフランク・リベリが長期離脱から復帰し練習に参加。戦力に厚みが増したところで、今度はマリオ・ゲッツェが負傷し離脱することになった。リーグ戦では8連勝と波に乗っているバイエルンだが、19歳ながら存在感を発揮しているコマンも離脱することがあれば、痛い知らせとなりそうだ。

text by 編集部