サウサンプトンのケニア代表MFヴィクター・ワニャマ【写真:Getty Images】

写真拡大

 サウサンプトンに所属するケニア代表MFヴィクター・ワニャマが、同クラブとの契約延長を拒みトッテナム移籍に興味を持っているようだ。11日に英紙『イブニング・スタンダード』が報じている。

 同紙によると、ワニャマとサウサンプトンの契約は2017年までとなっており、同選手を高く評価するクラブ側は契約延長を望んでいるが、ワニャマはそれを固辞しているとのこと。反対に今夏に獲得に乗りだしていたトッテナム移籍を強く希望しているようだ。

 ワニャマは今季公式戦10試合に出場している。サウサンプトンには日本代表DF吉田麻也が所属しているが、冬の移籍市場でワニャマが移籍する可能性もあり、同じクラブでプレーする時間はそう長くはないかもしれない。

text by 編集部