(C) 2016「葛城事件」製作委員会

写真拡大

三浦友和が2016年に公開となる主演映画『葛城事件』で、21歳になった息子が無差別殺人事件を起こし、8人を殺傷した罪で死刑囚となってしまい、苦悩する父親を演じることがわかった。

[動画]俳優やる気なかった三浦友和、本気になったのは百恵夫人との共演作から

本作は、劇団「THE SHAMPOO HAT」の旗揚げ以来、全作品の作・演出・出演を担当してきた赤堀雅秋の、映画監督デビュー作『その夜の侍』(12年)に続く、監督第2作目となる作品。1作目では新藤兼人賞金賞をはじめ、ヨコハマ映画祭・森田芳光メモリアル新人監督賞を受賞するなど国内外で高い評価を得た赤堀監督が、今回挑むのは、無差別殺人事件を起こした加害者の父、母、兄、そして加害者と獄中結婚をした女などが登場する、壮絶な家族模様の映画化だ。

もともとは、2013年に自身の劇団で上演され、新井浩文らの客演で話題を呼んだ同名舞台であり、今回の映画化にあたり、新たに改稿した作品。葛藤を抱えながらも、それでも生きていく姿を丁寧に描き出す。

三浦が父親を演じるほか、徐々に精神を病んでいく母親・伸子役に南果歩、兄の保役には、舞台版「葛城事件」では殺人を犯す稔役を演じた新井浩文、稔役はオーディションで選ばれた若葉竜也が扮する。

今回の役どころに三浦は「(演じた清という人物は)ありがちな父親像ですね、特別な人格でもない。ちょっと間違えるとこういうかたちになるだろうし、少しだけ歯車が狂ってしまった、そういう家庭です。親ってどうやって子どもに対して愛情を注いだら正解なのかは、永遠のテーマでしょうね」とコメント。

赤堀監督については「ものすごく思いが強いです。貪欲ですし、現場でも何度もテイクを重ねて、後で『何回もすみません』と謝りに来てくれましたが、現場で躊躇しない監督の姿が好きでした。それに答えられたかどうかはわかりませんが、素敵な監督でした」と話している。

一方、赤堀監督は作品について「この物語は、対岸の火事ではなく、我々の地続きにある。ある家族の話。無様に、愚かに、それでも必死に生きる人間の姿。観客の心を強く揺さぶる作品になるという自負があります。極めておこがましい言い草ですが、これは三浦友和さんの代表作になると、僕自身は勝手にそう思ってます。強くそう思ってます」とのコメントを寄せている。

『葛城事件』は8月10日から8月31日にかけ、千葉県柏市、東京都内、神奈川県などで撮影。完成は2016年1月中旬予定で、同年中に公開となる。

[動画]三浦友和、息子・三浦貴大との初共演は意外な形で実現!
主演作『RAILWAYS』会見に出席の三浦友和、夫婦円満の秘訣は「相性です」
「無様で愚かでも生きていくのが美学」赤堀雅秋がモントリオール映画祭でティーチイン
赤堀雅秋監督も登壇、『その夜の侍』初日舞台挨拶