イラン戦への意気込みを語った香川真司【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

「より動き出しの質を高める準備を」

 13日に迎えるアウェイでの親善試合。対戦相手のイランは最終ラインに185cm以上の長身選手を揃える強敵だ。大柄な相手に対して攻略のヒントとなるのが、香川真司が所属するドルトムント。ドイツ国内では高さのある方ではない中で得点を量産。そのスタイルは日本代表が目指すものと共通している。

---

 13日の国際親善試合・イラン戦が2日後に迫ってきた。9日からテヘランで調整を続けている日本代表だが、メディア公開だった最初の2日間とは違い、11日は冒頭15分以外、報道陣を締め出しイランを想定した戦術確認を2時間近くに渡って取り組んだ。

「イランの映像は今日の午前中に見て、セットプレー対策を含めていろいろやりました。それなりに手強い相手なんで、親善試合関係なく公式戦のつもりでやりましょうと。相手のフィジカルの強さを分かったうえで、こちらもしっかりデュエル(決闘)をしようと選手には話しています」

 日本サッカー協会の霜田正浩技術委員長はFIFAランクアジア最高の31位の相手に、本気モードでのぞんでいるヴァイッド・ハリルホジッチ監督の思惑を代弁していた。

 相手のフィジカルや球際については、本田圭佑(ミラン)も警戒心を募らせた部分。8日のシリア戦(マスカット)についても「岡崎(慎司=レスター)があれだけガツガツ来られてやられるっていうのは、アジアレベルで考えてもあり得ないこと」と驚きを隠せない様子だった。

 イランの個の強さは、シリアをはるかに超えている。しかも彼らの最終ラインは、オマーン戦の得点者であるホセイニ(ナフト・テヘラン)を筆頭に185冂兇料手がズラリと揃っている。前線が小柄な日本としては、いかに相手の強さと高さに対峙していくかが、非常に重要なテーマになるのだ。

「中で普通に競り合っても勝てないので、工夫しなければいけないですし、ロングボールだけでは厳しいので、しっかりと足元でコントロールしつつ、動き出しの質をこの前よりさらに上げて、相手と駆け引きをしていきたいなと思ってます。

 やっぱり僕たちは足元や低いボールで勝負してますし、それがチームの基本になっている。フィジカルの強い相手には、より動き出しの質を高めるいい準備をしていかないといけない」と香川は強調していた。

8万人収容のスタジアムが満員に。奮い立つ香川

 そういう考え方は、日頃からクラブでも強く意識している部分なのだろう。今季ドルトムントの基本的な前線4枚を見ると、オーバメヤンは185僂板洪箸任呂△襪、ムヒタリヤンが178僉▲蹈ぅ垢180僂肇疋ぅ弔涼罎任呂修海泙嚢發気ある方ではない。実際、サイドからの単純なクロスでゴールが入る場面はほとんどないのが実情だ。

 それでも彼らがリーグ2位の得点数を記録できているのは、動き出しの鋭さや攻守の切り替えの速さ、連動した動きを突き詰めることで「違い」を生み出しているから。

 欧州屈指の強豪クラブで躍動している香川は、日本代表でも同じような感覚でプレーできるはず。「ドルトムントスタイル」を思い描きつつ、大柄な最終ラインをかく乱することからゴールへの突破口を切り開いていくことが重要だ。

 ドルトムントでのいい感覚に加え、今回の香川にとっての追い風と言えるのは、同じアザディスタジアムで行われた9月のアフガニスタン戦で2ゴールを挙げていること。

 1か月前のゲームでは、開始早々の10分に豪快なミドル弾で先制点を奪い、後半4分にも原口元気(ヘルタ)とのワンツーから左足で自身2点目を叩き出している。

「(アザディは)すごい大きなスタジアムですし、この前よりさらに人が入るので、楽しみです。8万人の中でこういう国際試合ができるのはなかなかなこと。イランとはいつもタフになるみたいなんで、しっかり勝ち切っていきたいです」と本人もゲンのいいスタジアムでのゴール連発を目論んでいる。

敗戦の過去の払拭へ。新たなページを刻めるか

 もちろん、アフガニスタン戦のように簡単にはいかないことは、誰もが分かっている。シリア戦でも、前半はコンパクトにできずに相当な苦戦を強いられたほどだ。

 イラン相手となれば、意図した距離感を保てなかったり、相手に主導権を握られる時間帯も十分ありえる。そこで何とか耐えしのび、逆に勝ち切るしたたかさを香川ら百戦錬磨の攻撃陣は見せつける必要がある。

「前半と後半では(相手の疲労もあって)プレスが変わってくるので、距離感をしっかり縮められたとしても、ボールが回せない時も想定しなきゃいけない。今回のイランは特に前半から飛ばしてくるだろうし、フィジカル的なサッカーになっちゃうと思うんで、そこでしっかりとブレずに、お互いの連係や動き出しを意識しながら、前線はやっていけたらいいのかなと思います」と彼は言う。

 10年前の2006年ドイツW杯アジア最終予選でイランに1-2で苦杯を喫した因縁のゲームを記憶していないという香川。

 彼ら若い世代が日本代表の敗戦の過去を払拭し、未来への希望を感じさせる新たな歴史の1ページを刻んでくれば最高だ。エースナンバー10にはそのけん引役として、ゴールに直結する仕事が求められる。 

text by 元川悦子