電撃的な現役復帰を果たした元日本代表FW中山雅史【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

クラブ史上最多の動員数を記録したソニー仙台戦

 JFLのアスルクラロ沼津で、電撃的な現役復帰を果たした元日本代表FW中山雅史。選手登録後に行われた公式戦2試合でまだベンチ入りを果たしていないが、ジュビロ磐田と日本代表における戦いで培われてきた熱き魂は、J3参入を目指す若いチームへ確実に伝わっている。3年近いブランクを埋めるために奮闘している48歳の近況を追った。

ーーーー

 48歳になったばかりの中山本人が、誰よりも忸怩たる思いを胸中に募らせていたのではないだろうか。

「チームが下痢のときと便秘のときにだけ、僕に出番が回ってくるんですよ」

 ハンス・オフト監督に率いられた1990年代前半の日本代表で、スーパーサブとして記録と記憶に残るゴールを連発。「ゴン」という愛称とともに、全国区の人気を博していったころの中山の口癖だ。

 中山流の定義では「下痢」は大差がついている、対照的に「便秘」は拮抗している試合展開となる。そして、目の前で繰り広げられている一戦はまさに「便秘」そのものだった。

 10月3日。中山が現役復帰を果たしたことで大きな注目を集めたJFLのアスルクラロ沼津は、ホームの愛鷹広域公園多目的競技場にセカンドステージ首位を走るソニー仙台を迎えた。

 詰めかけた観客数は8337人。今シーズンはもちろんのこと、前身の沼津アーセナルが設立された1977年から現在に至るチームの歴史上でも史上最多を記録した。

 満員となったメインスタンドが発した熱気と大声援が、選手たちを鼓舞したのか。0対0で折り返した後半20分に右サイドを完全に崩し、最後はMF蔵田岬平が先制点をゲットする。

 ここまで無敗をキープしてきたソニー仙台も、怒涛の反撃に転じる。6分後に同点ゴールを、3分間のアディショナルタイムに突入する直前の45分には決勝ゴールをともに頭で叩き込む。

 ダメ押しの追加点。相手を再び突き放す勝ち越し弾。そして、起死回生の同点弾。スーパーサブに求められる役割が刻々と変化していくなかで、スタンドで観戦していた中山は戦況を見守るしかなかった。

テーピングが痛々しく…。万全ではないひざの問題

「悔しい、のひと言に尽きますよね」

 試合後に特別に設けられた記者会見。複数のテレビカメラに囲まれたひな壇で、中山が開口一番に発した「悔しい」には、さまざまな意味が込められていたはずだ。

 まずは逆転負けを喫したことに対して。次にベンチ外となり、ピッチの上でチームの力になれなかったことに対して。何よりも、はやる気持ち通りに動いてくれない体に対して。

 記者会見に先駆けて、中山はベンチ外となった他の選手たちに課された練習に参加している。スパイクを履かずにストレッチと軽いランニングを終えると、一人だけピッチの外に出てきた。

 両ひざに巻かれた黒いサポーターのうち右を外し、4人が帯同する専属トレーナーの1人がひざの裏のマッサージを始める。すると、メインスタンドにいた男性がこんな大声を飛ばした。

「中山さーん、足は大丈夫?」

 すかさず右手の親指を立てて「問題なし」を伝える。しかしながら、2012年シーズン限りで第一線を一度退く原因となった右ひざは、幾重ものテーピングが痛々しく施されていた。

 おそらくは左ひざのサポーターの下も、同じような状態になっているはずだ。それでも、マッサージを終えた中山はスパイクを履き、居残ったファンやサポーターの声援を受けながら再びピッチに入る。

穴埋めは容易ではない2年9ヶ月のブランク

 6人によるボール回し。6対6のミニゲーム。左右からのクロスに3人が飛び込むシュート練習では、往年をほうふつとさせるダイビングヘッドやスライディングボレーを決めて喝采を浴びた。

 アスルクラロの練習に参加するのはこれで3度目となる。9月5日、契約から5日後の同19日、そして10月3日。大きく間隔が空いているのは、仕事との関係で都合がつかなかったことだけが理由ではない。

 ピッチに立つめどは「立っていない」と会見で明言した中山は、こんな言葉を残している。

「今日はまだ軽いメニューでしたけど、ここに来て練習をさせてもらうとリバウンドというものもかなりありますから。それをリセットするための作業があって、そこからまたここに来てという形になるので。

 めどがどうなのかとうのは……うーん、わからないですね。僕としては、とにかくやれることを精いっぱいやっていくだけだと思っています」

 両ひざの痛みや腫れを伴うリバウンドは、1週間ほど続くという。専属トレーナーの指導で個人練習を積んできたとはいえ、2年9ヶ月ものブランクを埋める作業はやはり容易ではない。

 ソニー仙台戦へ向けて、クラブの公式ホームページ上では5000人の観客動員目標が謳われていた。これまでの最高は2765人。今年9月13日のMIOびわこ滋賀戦で記録されたものだ。

あくまで競争を。戦力として貢献を目指す

 中山が練習に参加した直後で、ちょうど大きな注目を集めていた時期。実際にはキックオフの30分前に練習着姿で入団の挨拶をしただけだったが、びわこ滋賀戦以来のホームゲームとなったソニー仙台戦では、中山が「ベンチに入るのでは」という情報もあった。

「中山選手の効果というものも、大きかったと思います」

 目標を大きく上回る8337人を動員できた一因を「ゴン中山人気」に求めたアスルクラロの山本浩義代表は、注目されるベンチ入りの時期についてはこう語るにとどめた。

「はじめから選手登録することを前提として、練習にも参加してきました。ただ、チームとのコミュニケーションもありますので、何回か練習を重ねた上で、となるのかなと思っています」

 東海社会人リーグ1部からJFLに昇格して2シーズン目となるアスルクラロには、9月24日のJリーグ理事会で2016年度のJ3ライセンスが交付されることが承認された。ソニー仙台戦を含めて残りは6試合。ひとつも落とせない熾烈な戦いが続く。

 約3年ぶりにプレーする姿、何よりも「ゴンゴール」が見たいというファンやサポーターの思いは伝わっている。それでも、正念場の戦いを迎えたチームのなかで特別扱いされたくないと中山は力を込める。

「まずはピッチに立たないと期待にも応えられないですし、それを目標に頑張ってきますけど、そこにもやはり競争がある。チームのなかでどのような役割になるのか。

 そこで僕をどのように……利用と言うと変ですけど、どのように起用してくれるのかはわかりませんけど、起用にしても、ベンチに入るにしても競争があって然るべきですし、自分の特徴を生かして勝ち取っていくものだと思っています。

 いずれにしても甘いものではないと、練習をして感じました。まだまだ自分の未熟さというか、力の足りなさを思い知らされている。そこを乗り越えられるように頑張っていきたい」

伝授される熱き魂。好影響は選手にも波及

 ソニー仙台戦後の練習は、1時間以上に及んだ。個人の居残り練習になると、中山は3人の若手選手に対して、身振り手振りでゴール前におけるウエーブを描く動き出しを伝授している。

「練習のための練習ではいけない。あくまでも試合のなかでどのように動き、どのように考えて裏を取ってゴールに結びつけるのか。それらを少しでも自分の経験から伝えられれば、と思って言ったんですけどね」

 魂が伝授される光景に、山本代表も目を細める。

「選手は中山選手をすごく歓迎しているようなんです。練習に対する姿勢や準備などを見て学ぶこともたくさんあるでしょうし、実際、彼は常に大きな声を出して練習を盛り上げてくれる。

 ムード作りという意味でも非常に上手いんですね。加えて、いままで培ってきた経験を伝えてくれることで、チーム及び個人が成長できる場になっていると思っています」

 来シーズンのJ3に参入する成績面の条件を満たすためには、JFLの年間総合順位で4位以内に入ると同時に、Jリーグの百年構想クラブのうち上位2位に入らなければいけない。

 ソニー仙台に逆転負けを喫したことで、アスルクラロは年間総合順位で6位に後退。百年構想クラブ内ではヴァンラーレ八戸、鹿児島ユナイテッドFC、奈良クラブに次ぐ4位となっている。

 照準にすえるのは年間総合順位で4位の鹿児島。勝ち点差は「8」で、直接対決もすでに終えている。崖っぷちに追い込まれた状況で、何とかチームに力を与えたいと中山の口調は熱さを帯びる。

まだ序章に過ぎない新たなチャンレンジ

「練習をすることで僕自身、すごく刺激を受けています。でも、ただ僕が受けるだけでなく、チームに何らかの刺激を与えたいという気持ちもすごく強いし、そのような役割を果たせればいいかなと。

 そうした挑戦が、また僕を成長させてくれるのかなと感じています。チームの一員である以上は勝利を願っていますし、上(のカテゴリー)へ躍進していくことを祈っていますので」

 今後もコンディションと仕事を勘案しながら、週1回の頻度で練習に参加していく。11日には磐田市内で古巣ジュビロ磐田との練習試合が行われ、中山は後半39分から途中出場。

 アディショナルタイムを含めた約10分間はボールを触ることなく終わったが、前回の練習から中7日での実戦復帰は、リバウンドの幅が小さくなってきていることを物語る。

 アスルクラロとの契約は今シーズンいっぱいだが、山本代表はこうも語る。

「本人の体調を見てということになりますけど、来年も継続してやれるようであれば、我々としても契約していきたいと考えています」

 2012年12月にコンサドーレ札幌を退団したときの記者会見で、中山はあえて「引退」の二文字を封印した。以来、解説などの仕事と平行して両ひざのリハビリを課してきた。あるときには、テレビ局の控え室で専属トレーナーの指導を受けたこともある。

 現役復帰にかける中山の熱意に胸を打たれたのが山本代表の実兄で、アスルクラロの運営法人の会長を務める山本昌邦氏だった。

 ジュビロの監督及びコーチ、そして日本代表のコーチとしても中山と多くの時間を共有してきた恩師の橋渡しのもとで幕を開けたチャレンジは、まだまだ序章にすぎない。

text by 藤江直人