マイクロソフトのノートPC「Surface Book」の、何が新しいのか

写真拡大

米国では10月26日にも発売開始となる「Surface Book」。マイクロソフトにとって初めてのノートPCとなる同機のデザインについて、Surfaceのクリエイティヴディレクターを務めるラルフ・グローンに訊く。

「マイクロソフトのノートPC「Surface Book」の、何が新しいのか」の写真・リンク付きの記事はこちら

マイクロソフトのラルフ・グローン率いるデザインチーム。彼らが、先日発表されたSurface Bookを最初に思いついたのは、Surface Pro開発に取り掛かっている最中だった。Surface Pro同様、Surface Bookはノートパソコンとしてもタブレットとしても使える。しかしSurface Bookは「スタンド付きタブレット」ではなく「ノートPC」で、まさにその点でSurface Proと異なる。

「“人が日常においてすることをノートPCでする”という考えから始まって、それを“さらにパーソナルな体験に変える”というアイデアから、(Surface Bookは)生まれてきたんだ」と、グローンは言う。

Surfaceのクリエイティヴディレクターであるグローンはタブレットモード(彼の言うところの「クリップボードモード」)を、最高にしたかった。そしてその「最高」を求め始めると、画面サイズやメモリー、バッテリー寿命すべてが大きく影響することになる。

グローンは、いずれにおいても妥協はしたくなかった。そしてそれは、構造の技術的ジレンマにつながる。ディスプレイ部分を安定させるにはキーボード部分をディスプレイ画面よりも大きくしなければならず、それはつまり、本体そのものの重量増加につながる。

そこで登場したのが「ヒンジ」部分だ(マイクロソフトによる呼称は「Dynamic Fulcrum Hinge (ダイナミック支点ヒンジ) 」だ)。生み出されたアルミニウム製のワラジムシ状の構造は前後にしなやかに動く。「まるで絨毯を広げるみたい」になめらかに動くのだ、とグローンは言う。

SLIDE SHOW FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN FULL SCREEN Surface Book

1/6PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

2/6PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

3/6PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

4/6PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

5/6PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

6/6PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Prev Next PAUSE EXIT FULL SCREEN Surface Book

PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

Surface Book

PHOTOGRAPH BY ANDREW WHITE / WIRED

シンプルにも見える本体のなかでも、ヒンジ部分は一際目立っている。これはヒンジ部分がアルミニウムでつくられているのに対して、本体の他の部分はマグネシムでつくられていることにも起因している。が、グローンによればこの見た目のコントラストはわざとではないのだと言う。

「わたしたちはただしなやかに曲げられる機能をもつヒンジをつくることだけに集中した」とグローンは言う。「全部純粋に機能性の問題だったんだ」。そしてSurface Bookの性能を担保するものこそが、このヒンジなのである。

TAG

DesignGadgetMicrosoftSurface