ヨーグルトやカルピスなどに含まれるガセリ菌。キレイな腸を維持するには欠かせない乳酸菌の一種です。それに加えてガセリ菌には「スリム効果」まであると、今、ダイエットや美容に関心の高い女子の間で評判です! 毎朝のガセリ菌習慣、始めてみませんか?

ガセリ菌は乳酸菌の一種

ガセリ菌は、ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌の一種で、正式名称をラクトバチルス・ガセリといいます。ビフィズス菌、ラブレ菌などの善玉菌と同じ仲間で、人間の腸の中にも存在しており、腸内の悪玉菌を抑制して腸内フローラ(腸内環境)を整えるはたらきを持つので、腸が活性化して便秘解消に役立ちます。さらに「ガセリ菌は内臓脂肪を減少させる」との研究結果が科学雑誌「ヨーロピアン・ジャーナル・オブ・クリニカル・ニュートリション」でも報告されており、ダイエット効果も期待されているのです。

プロバイオティクス食品とガセリ菌

「プロバイオティクス」は、1989年にイギリスのフラワー博士が提唱したもので、腸内フローラを整えるラブレ菌などの乳酸菌やビフィズス菌をさします。ギリシャ語では「健康のために」という意味。プロバイオティクスにより、腸内の環境が整い、免疫力が高まり、アレルギー症状が緩和されます。プロバイオティクスが配合された食品は、プロバイオティクス食品といい、ガセリ菌を利用した食品やサプリメントもプロバイオティクス食品として認知度を高めています。

日本人の体質に合うラクトバチルス・ガセリSBT2055

ガセリ菌の中でも、もっとも注目されているのが、「ラクトバチルス・ガセリSBT2055」。この菌は日本人の腸から見つかることが多いために、体内に定着しやすい菌として研究が進められているところです。乳酸菌の中には胃酸などにより死滅する菌もありますが、ラクトバチルス・ガセリSBT2055は、最大90日にわたって生きて腸内に留まったという研究結果もあります。

ガセリ菌には、インフルエンザのウイルスやピロリ菌の殺菌効果なども認められています。マウスの実験ではアンチエイジング効果も表れているそうです。ガセリ菌の健康効果、これからも目が離せませんね。まずは1週間〜10日、毎朝ガセリ菌を摂取することを続けてみませんか?


writer:松尾真佐代