吉田麻也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は11日、イランとの親善試合に向けてテヘランで練習を行った。

 吉田麻也はイランについて「今までみたいには簡単に勝てると思わない」とアジア屈指の強豪を警戒する。一筋縄でいかない相手と戦うからこそ、「後ろはやるべきことは一緒ですし、無失点を続けていくことが大事」とイランにもゴールを割らせるつもりはない。

 イランの攻撃をいかに止めるか。「フルハムでやってた選手とかもいるので、中東の中でもレベルは高いと思う。今まで以上に守備はコレクティブにやっていかなきゃいけないし、オーガナイズしていかなきゃいけない」と気を引き締めた。

 またアウェイの環境についても触れ「たくさんの人々がスタジアムに来るので、観衆とも戦わないといけない」とした。完全アウェイが予想される中で、平常心を保ってプレーし続けることが重要だ。

text by 編集部