首都圏で動物の虐待相次ぐ 「凶悪犯罪の前触れでは」と住民不安

ざっくり言うと

  • 虐待の可能性がある猫の死骸などが9月下旬以降、首都圏で発見されている
  • 地域住民からは「凶悪犯罪の前触れではないか」と不安の声があがっている
  • 東京北区などで見つかった子猫の死骸は、虐待方法もさまざまだという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング