ステバン・ヨベティッチ【写真:Getty Images】

写真拡大

 負傷を抱えながらモンテネグロ代表に招集されていたステバン・ヨベティッチだが、9日のオーストリア戦には出場せず、チームも大一番に敗れてEURO予選敗退が決まった。

 この結果により12日のロシア戦が消化試合となってしまったため、ヨベティッチは代表を離れて所属するインテルへと戻った。そして心境を伊紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』に対して語っている。

「EURO予選で敗退してしまったのはまだ悲しい。僕らは全力を尽くしたけど十分ではなかった。少し不運もあったと思う」

 オースリア戦に2-3で敗れたモンテネグロは、残り1試合でスウェーデンとロシアを上回ることができなくなりEURO出場を逃した。勝てば本大会へのチャンスが残った試合に出場できなかった悔しさはインテルでのプレーにぶつけるつもりのようだ。

「ユベントスを倒せば強烈なメッセージを発信できる。セリエAで僕らの強さを見せられるし、今後に向けて前進できる。それに僕はユベントスとのアウェイゲームで得点したこともあるからね」

 順位では昨季王者のユベントスを上回るインテルだけに、ヨベティッチは自信満々だが油断は一切ない。「最近の結果に関係なく素晴らしいゲームになると思う。彼らはユーベだからね。下位にいるのは信じられないよ。けが人がいて夏を経て大きく変わったとしても力を保っている。優れた才能を持った選手たちがいて、代表ウィーク前には調子を取り戻しているように見えたから警戒しなくてはならない」と述べて、来る大一番に向け気を引き締めた。

 しかし、ヨベティッチがまずすべきことはコンディションの回復だ。18日のユベントス戦に並々ならぬ意欲を燃やしているが、万全の状態でなければ強力な守備陣相手にゴールを奪うのは難しい。

 インテルが上位争いに食らいつくためにも重要なゲームとなるに違いなく、序盤戦に得点源として攻撃陣の柱を担った“10番”の復活が待たれる。

text by 編集部