史上最大の開催規模!川崎で第19回「カワサキ ハロウィン 2015」

写真拡大

毎年10月に川崎駅周辺が「ハロウィンタウン」になることを、知っていた? ハロウィン好きの女子なら、このシーズンの川崎は見逃せないはず。

2015年10月1日(木)から31日(土)までの1ヵ月間、JR線川崎駅周辺の商業エリア一帯で、第19回「カワサキ ハロウィン2015」が開催される。今年から「ラゾーナ川崎」と「ミューザ川崎」も加わったことで、規模が一気に拡大したそう。

「期間中は、川崎駅前の商店街で豪華賞品の当たる『コイケヤ  カワハロ  スタンプラリー』や、激辛料理フェア、仮装者来場特典などいろいろなプログラムをご用意しています。街を訪れるだけでもハロウィン気分を楽しんでいただけます」と、広報担当者さん。

一番の見どころは、25日(日)に2500名が約1.5kmのコースを練り歩く「ハロウィン・パレード」。パレードの先頭では、注目のDJ達が先導車に乗って音楽を届けるとか。これまで片側2車線のみだったのが、今年は片側3車線をすべて規制して行うことになってスケールがアップ。

また、2015年12月18日(金)に公開される話題の映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のキャラクターに扮した100名による『スター・ウォーズ』パレードも開催されるそう。ルーカスフィルム監修の特製「スター・ウォーズねぶた」の山車も登場する予定で、貴重なコラボはファンなら見逃せない!

また、25日(日)の16時に「川崎ルフロン」1F階の「シンデレラステップス」前で開かれる、「ハロウィン・アワード」にも注目を。審査員にタレントのルー大柴さんや映画コメンテーターのLiLiCoさんらを迎えるこのコンテストは、仮装のハイレベルさで、全国的にも注目されているのだとか。

25日(日)の「ハロウィン・パレード」が終わった後は、17時からクラブチッタでクラブパーティ「ダンシング・パンプキン」(前売1000円、当日1500円、仮装者は当日1000円)が始まる。こちらでは、パレードを先導した豪華なDJ陣(DJ KOO、RYUKYUDISKO、DJ SODEYAMA、TeddyLoid)が繰り出す極上のサウンドで、超ハイテンションに盛り上がれそう。


仮装をせずにハロウィン気分を味わいたい女子には、「チネタッタ」でのホラー映画上映がおすすめ。24日(土)の19時からは、世界のホラー・ショートフィルム6作品を上映する「HALLOWEEN 映画祭」(前売1300円、当日1800円)を開催。作品は7分から17分の短編ながら、アジア最大級の国際短編映画祭から厳選したもので、クオリティはお墨付き。

25(日)の18時30分からは、ホラー・ミュージカルの傑作映画「ロッキー・ホラー・ショー」の上映と、ダンスグループのパフォーマンスが楽しめる「ロッキー・ホラー・ショー〜パフォーマンス思いっきりやりたい放題バージョン〜」(当日のみ1000円、仮装者500円)も。

「こちらは『カワサキ ハロウィン』が始まって以来、ずっと続いている超人気企画。映画の世界が立体的に楽しめるのが見どころです」(同)


ハロウィン当日である31日(土)には、夕方から23時まで「カワハロ・エレクトリックラリー」&「ファイナルパーティ」を実施。参加資格は仮装するか、光り物(LEDグッズなど)を身につけること。

ラリーは、川崎駅周辺一帯のハロウィンタウンのバー&居酒屋を飲み歩き、3店ハシゴで豪華賞品がゲットできるというもの。パーティはクラブチッタで行われ、参加資格を満たしていれば入場無料(2ドリンク制・1000円別途)。仮装をしていない場合は、前売2000円、当日3000円に。

多彩なハロウィンのコンテンツが集まる川崎へ、彼や女友達と仮装姿でおでかけを。