投資情報会社・フィスコ(担当・小瀬正毅氏)が10月12日〜10月16日のドル・円相場の見通しを解説する。

 * * *
 ドル・円は底堅い値動きとなりそうだ。9月米雇用統計が想定を大幅に下回る内容だったことから、市場参加者の間では、利上げ開始は2016年3月との見方も出ているようだ。ただし、利上げ開始時期の後ずれを受けて米国株は上昇しており、リスク選好的な円売りが増えていることから、ドルは対円で底堅い値動きを続けるものと予想される。

 米企業決算(7-9月期)が本格化するなか、好業績が示されればドル買いにつながる見通し。ただ、有力なドル買い材料は乏しいため、ドルの大幅高は期待できない。業績悪化で米経済の先行きに不透明感が増した場合にはドル売りに振れやすいが、日銀による早期追加緩和期待は残されており、ドル安・円高が急速に進行する可能性は低いとみられる。

【日銀金融政策決定会合議事要旨】(13日:9月開催分)
 日銀による追加金融緩和への期待感が強まるなか、日銀内の経済情勢に関する認識が注目される。今月30日には展望リポートが示される予定だが、日銀が目標としている物価上昇率2%の達成が困難な状況となっており、委員の発言に内容修正に関するニュアンスが読み取れるかがポイントとなろう。

【9月米消費者物価指数】(15日発表)
 総合指数の前年同月比は、8月が+0.2%だったが、9月は-0.1%と予想されている。9月16-17日に開かれた米連邦公開市場委員会(FOMC)利上げが見送られ、今月2日の米雇用統計が想定外に悪化したことから、年内利上げ観測が後退するなか、消費者物価が弱含むと利上げは困難になるとの見方が強まる可能性がある。

 10月12日-16日に発表予定の主要経済指標のポイントは次の通り。

○(米)9月小売売上高 14日(水)午後9時30分発表予定
・予想は前月比+0.2%
 参考となる8月実績は前月比+0.2%。自動車・部品、飲食店と食品・飲料の売上高などが主に増加、医療・パーソナルケアも増えた。9月については自動車販売が好調だったことから、市場予想をやや上回る可能性がある。

○(米)9月消費者物価コア指数 15日(木)午後9時30分発表予定
・予想は、前年比+1.8%
 参考となる8月実績は前年比+1.8%、前月比+0.1%。家賃、たばこ、医療費の伸びが目立った。9月については、家賃や衣料品価格のゆるやかな上昇が続くとみられていることから、市場予想は妥当な水準か。コアインフレ指数が鈍化する可能性は低いとみられる。

○(米)9月鉱工業生産指数 16日(金)午後10時15分発表予定
・予想は、前月比-0.2%
 参考となる8月実績は、前月比-0.4%。自動車生産が落ち込んで全体の数字を押し下げた。製造業も減少しており、生産調整的な動きがみられる。9月については自動車・部品生産の減少は一服する可能性があるが、製造業の伸び悩みが予想されていることから、市場予想は妥当な水準か。

○(米)10月ミシガン大学消費者信頼感指数 16日(金)午後11時発表予定
・予想は、88.5
 参考となる9月実績は87.2。消費者期待指数は83.4から78.2に低下した。10月については、9月時点の消費者期待指数が低下していることを勘案すると、9月実績と同水準か多少上回る程度にとどまる可能性がある。雇用情勢のさらなる改善は難しくなっていることは指数の上昇を抑える一因となる。

○日米の主な経済指標の発表予定は、14日(水):(日)9月国内企業物価指数、(米)9月生産者物価指数、(米)8月業在庫、(米)地区連銀経済報告、15日(木):(米)10月ニューヨーク連銀製造業景気指数、16日(金):(米)8月JOLT求人

【予想レンジ】
・米ドル/円:118円00銭-123円00銭