Doctors Me(ドクターズミー)- 冬こそ体臭の季節!?夏よりも入念なケアが必要だった

写真拡大

じつは、冬場のほうが臭いやすい・・・

汗をかきやすい夏場の方が体臭を気にする人が多いですが、じつは厚着をする冬こそ臭いが気になる時期なのです。体臭は汗の臭いではなく、たんぱく質や皮脂、汚れ などが混ざった汗を細菌が分解したときに発生します。

夏は比較的通気性がよい薄着で過ごすため、ワキガ臭などはアポクリン汗腺が分泌される度に少しずつ汗と一緒に流れ出しますが、冬は、何枚も重ね着をする上に素材も通気性が悪く断熱性の高い衣服が中心となりますので、ワキなどのムレやすい部位では、臭いが濃縮されがち。この溜まった臭いが上着を脱いだ時などに一気に放出されるので、臭いも強く感じられるのです。

また、暖かいブーツも悪臭の温床になるので注意が必要になります。ブーツは密閉状態ですので中は温度、湿度が高くなり汗もかきやすくなっています。そして足裏から出る汗などを栄養源として、高温多湿を好む細菌がどんどん繁殖して悪臭を出してしまうのです。

さらに暖房がきいた空間では、窓を閉める環境が増えることから、湿度も高くなりやすく細菌が増える環境になりやすいといえます。

臭いにサヨナラ!冬場のデオドラント対策

通気性の高い服を着ることが一番の対策です。インナーには、綿や麻などの素材のものを着るとよいでしょう。

また、屋外の寒いところから暖かい室内に入ると汗が出ます。この時しばらくすれば汗が引くと思い、そのまま通気性の悪い衣服を着ていると、アポクリン腺などからドッと臭い成分が出て高温多湿の中で雑菌が急速に繁殖してしまいます。可能な限り、上着などは脱いでしまったり、少し涼しい所でクールダウンを行ったりする事が重要です。この時、デオドラント対策用のボディペーパーなどで脇汗を拭き取る事で、臭い防止と殺菌効果がありますので、携帯しておくと安心ですね。

まとめ

臭いを気にしすぎるとストレスになって、かえって体臭の原因となりますので、気にしすぎもよくありません。