首位をキープして後半に入った室田淳(撮影:ALBA)

写真拡大

<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 最終日◇11日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>
 国内シニアメジャー「日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ」の最終日。全選手がハーフターンして室田淳がトータル13アンダーで単独首位をキープしてバックナインに入った。2打差の2位に白浜育男、トータル10アンダーの3位タイに奥田靖己、田中泰二郎、ポール・ウェセリン(イングランド)がつけている。
ラウンドレポーター?ちがいます。選手・田中泰二郎が急浮上
 首位と3打差を追いかけてスタートした尾崎直道は、前半で2つスコアを落としトータル7アンダーで前半を終了。大会連覇は厳しいものとなっている。サミットGCは朝方に強い雨が降ったものの現在は曇りで風もないコンディション。室田の逃げ切りか。後続の逆転か。勝負はサンデーバックナインだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>