本田圭佑【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は10日、イランとの親善試合に備えてテヘランで練習を行った。

 イランといえば、日本がフランスW杯の出場権を掴んだジョホールバルでの決戦や、ドイツW杯予選での対戦などが思い出される。本田圭佑は今回のイラン戦について「練習試合とはいえ、やはり勝たないといけない相手だと思いますし、それは向こう側にとっても同じことだと思う」と勝利を目指す意思を示した。

 展開としては「非常に厳しい試合になる」と話し、「若い選手も理解していると思うし、意地はかかってるんじゃないか」とプライドのぶつかり合いになると予想する。

 現在ラグビーW杯が行われているが、躍進を見せた日本は残念ながら1次リーグ敗退が決まった。それでも本田は「快挙であることは間違いない」と、南アフリカを倒すなど番狂わせを演じたエディジャパンを称えた。

 そして「我々もね、ここ最近結果を出せてないっていう意味では負けられない」と刺激を受けた様子だった。

text by 編集部