【秋の味覚を堪能しよう】こだわり派はマストバイ! 福岡の老舗が手がけた「焼さんま専用醤油」が誕生☆

写真拡大

秋といえば、さんま。旬の時期に食べる脂が乗ったさんまは最高ですよね!!

そんな、さんまの塩焼きに最適な醤油「焼さんま専用醤油」なるものが開発され、10月15日から発売されるようです。

【福岡県の老舗醤油醸造元が開発】

「焼さんま専用醤油」はYK STORESと、1930年(昭和5年)創業、福岡県・八女市の老舗醤油醸造元である「まる昌醤油醸造元」が共同で発売している商品。

まる昌醤油・三代目、堤 秀司さんと四代目の堤 裕一郎さんが共同で醸造した同商品は、三代目の長年培った技術と経験、そして四代目の醤油に対する純粋な探究心によって生まれたのだそうよ。

【昆布とだいだい果汁が醤油と融合】

「まる昌醤油」の製法は、塩カド(塩味のとげとげしさ)を極力抑える工夫をしているため、まろやかで口当たりの良い味が特徴なのだそう。

「焼さんま専用醤油」では、北海道の昆布をそのまま瓶詰めしているので、昆布の香りと醤油の旨味がぎゅっと凝縮。さらに国産のだいだい果汁を加えることで、上品で爽やかな味を実現しています。

昆布とだいだいと醤油の組み合わせ。しかも開発したのは老舗の醤油醸造元。考えてみれば、美味しくないはずがありませんよね。うん、これは絶対試してみたい!!

【実はオールマイティ】

でも「この醤油って、この時期だけ、しかもさんまだけにしか使えないんじゃ、ちょっとね……」というみなさん。安心してください。

実は、この「焼さんま専用醤油」、カツオのたたき、アジ、アユ、マグロ、タイ、牡蠣、ほっけなど、色々な魚に合うだけでなく、鍋、冷や奴、サラダ、そして肉料理との相性も抜群なのだとか。

一年を通して家に置いておきたい、オールマイティな醤油のようです。

【Amazon.co.jpにて先行発売】

「焼さんま専用醤油」の予約開始は10月6日から始まっており、販売開始は10月15日から。価格は1本680円(税込み)で、Amazon.co.jpで先行発売されます。

旬のさんまは、もちろんそれだけでも美味しいものですが、ここまでこだわった専用醤油があるのなら、ぜひ一度試してみたいものです。

参照元=YK STORESプレスリリース、まる昌醤油醸造元、YouTube(焼さんま専用醤油)、Amazon、
執筆=南野バンビ(c)Pouch

この記事の動画を見る