シャープが発売する8Kモニターは85インチでなんと1600万円

写真拡大 (全3枚)

 10月10日まで千葉市の幕張メッセで開催されていた最先端の家電見本市「CEATEC JAPAN 2015」。今年はソニーや日立製作所に続き、不正会計問題に揺れる東芝まで不参加となったために、「未来のテクノロジーを紹介するというより、各社が現行製品を並べるショールームの色合いが濃かった」(専門誌記者)との声も出た。

 そんな中で唯一気を吐いていたのがシャープだ。周知の通り、同社は経営再建中の身の上で、新規事業への積極投資もままならない状態だが、ロボット型携帯電話『RoBoHoN』ほか、独自のAI(人工知能)技術を駆使した“しゃべる家電”の数々を披露してみせた。

 そして、シャープが次世代規格製品の中で最も先行し、覇権を狙っているのがスーパーハイビジョンと呼ばれる「8Kテレビ」である。

 巷の家電量販店などでは、すでに高画質を売りにした「4Kテレビ」のラインアップが増えているが、シャープは4K映像をさらに高精細に映し出せるテレビや、日本メーカー初の発売(10月30日)となる商業用8Kモニターを大々的に展示した。

 しかし、テレビの買い替えを検討している人にとってみたら、「そもそも4Kテレビだって本当に必要なのか」「8Kテレビが出るなら購入を待ったほうがいいのか」「家庭用8Kテレビの値段はどのくらいになるのか」といった疑問が次々に沸いてくるのではなかろうか。

 そこで、CEATECで説明員をしていたメーカー担当者や、IT・家電ジャーナリストの安蔵靖志氏に、4K、8Kテレビの素朴な疑問を解説してもらった。

【4K、8Kテレビとは何か】
 映像の解像度を表す形式のことで、画面のきめ細やかさを左右する。4Kは現行のフルハイビジョン(2K)の4倍、8Kは16倍高画質といわれる。

 シャープの担当者によると、「8Kテレビは実物と見比べたときに違いが分からないほど高精細。85インチ(縦の長さは1060ミリ)の巨大サイズを購入した場合、テレビから70数センチの距離から見ても光の点が見えないレベル」だという。

【4Kテレビですら値段が高いし、本当に普及するのか】
 2012年から本格的に売り出された4K対応テレビ。当初は値段も高かったが、今年4月の平均単価は1年前より4割下がり、初めて20万円を割り込んだため、普及速度は増している。「画質のキレイさが実感できる50インチ以上の大画面モデルでは、4Kが当たり前になりつつあります」(安蔵氏)

【テレビだけ高精細でも対応する番組が放送されなければ意味がない】
 日本でいちばん視聴されている地上デジタル放送の番組が2K(フルハイビジョン)のままなので、4Kテレビを購入しても本格的な“映像美”を堪能しにくい環境であるのは事実だ。4Kの実用放送は「スカパーJSAT」など一部の有料チャンネルで始まったばかりで、年内もインターネットテレビやケーブルテレビ経由での放送しか決まっていない。

 では今後、地デジの4K、8K放送は始まるのか。答えはNOだ。

「地デジのフルハイビジョンを4K、8Kにする計画はありません。放送行政を司る総務省の計画では、来年から新たにBSでの4K、それに8Kの試験放送を始め、2020年の東京オリンピックまでには4K、8Kとも広く普及させたい考えです。しかし、周波数帯域に空きがなく、専用チャンネルが増えたとしても、どこに割り振るのか全く不透明です。

 まして、民放キー局は1台数千万円もする4K、8K対応カメラを揃えたり、制作コストを上げたりする余裕はなく、『画質がキレイな番組を作ったからといって広告収入が増えるとは限らない』と消極的な意見も多い。少なくとも今後10年は地上波で4K、8Kは見られないといっていいでしょう」(大手家電メーカー担当者)

【2020年の東京オリンピックは何のテレビで観るのがベストか】
 いくら高画質テレビを購入しても、その良さを味わえる番組がないならば、わざわざ4K、8Kテレビに買い替えなくてもいいのではないか――。そう思っている人は多いだろう。テレビを開発するメーカー担当者ですら、「4Kならまだしも、8Kテレビは2020年段階でも一般家庭用は少なく、街中のパブリックビューイングでオリンピック競技を見るのが精一杯だろう」と予測している。

 もっとも、対応する番組が少なければ4Kテレビも必要ないと思えるが、前出の安蔵氏は「いま4Kテレビを買って損はない」という。

「現在売られている4Kテレビのほとんどは、フルハイビジョン映像を4K画質並みにアップコンバート(変換)する“超解像技術”に優れていますし、シャープが7月に発売した『アクオス4Kネクスト』は仮想的ではありますが、8Kの解像度まで実現させています。

 今後、一般家庭向けの“リアル8Kテレビ”が出てきたとしても、60インチクラスで100万円はくだらないでしょうし、8Kの良さが活かせる80インチ以上の大きさとなれば、価格以上に一般家庭のリビングに置くのは難しいでしょう。

 そう考えると、2020年までにテレビの買い替えを考えている人は、価格も手ごろになってきた4Kテレビで十分にハイビジョンとは違うキレイさが味わえると思います。4K対応のブルーレイレコーダーがようやく登場したので、視聴方法も少しずつ広がっていますしね」

 確かに、冒頭で記したシャープの8Kパネル(85インチ)の価格が1600万円もすることを考えると、国の思惑とは裏腹に本格的な「8K時代」がいかに遠い世界かがうかがえる。

 無料放送を少しでも高画質で楽しみたい人は、当分の間“なんちゃって4K”でもその実力は侮れない。いま、4Kテレビを購入しても、7〜10年といわれる次の買い替えタイミングまで後悔しないほど受像機の技術力は先行している――というのが専門家や家電メーカーの共通した見方である。あとは、コンテンツがどこまで追いついてくるかだ。