結果を残して出場機会を掴みたい柴崎「自分自身のプレーを示したい」

写真拡大

 日本代表は13日に行われる国際親善試合のイラン代表戦に向け、10日にイランの首都テヘランにあるパス・スタジアムでトレーニングを行った。練習後、MF柴崎岳が記者団の取材に応じている。

 柴崎は東アジアカップ以降、出場機会がない状態が続いている。イラン戦に向けて「(出場機会があったら)しっかりとした結果を求めてチームとして勝ちたいなと思っています。最近は個人的にもなかなか代表の試合に絡んでいないので、自分自身のプレーというのを示したいなと思いますし、チームのために(自分自身のプレーを)生かせればいいかなと思います」と出場に意欲を見せている。

 中盤のコンビはMF長谷部誠とMF山口蛍のコンビが定着しつつある。それぞれが違った特徴を持っていると話しながらも、自身については「より攻撃的にゲームメークしたいなというふうには思っていますし、自分の特徴としてもっともっと前に攻撃に絡む、中盤から前へのプレーを増やしていきたいというのはいつも持ちながらやっています」と、両者よりもより攻撃的な選択肢として自分を生かしたいと話した。

 また、中盤のパス回しのテンポについては、タテにつなぐのが難しい状況であれば時間を作るという選択肢もあると述べつつ、「監督が目指すサッカーがよりアグレッシブに、タテに速くというのは間違いないと思います。そこは自分たちのこれからの強みとして、もっともっとチームとして成熟度を上げていかないといけない部分かなと思います」とさらなる改善が必要だと主張した。