cafelogo

写真拡大 (全5枚)

食べた瞬間、「これはレア?」と思わせるほどに生肉っぽい食感を持ちながら、よく噛みしめてみればちゃんと肉全体に均一に火が通っている。東京・赤坂にある薪窯ステーキ専門店「Caro-Fuego(カロフェゴ)赤坂店」の肉は、日本では珍しい薪窯の熾火(おきび:薪の燃えきった状態)を巧みに操って一定の火力に調整しながら、じっくり50分以上をかけて肉を焼き上げられている。この火加減が重要なのは言うまでもない。ゆっくりと丁寧に肉に火を通すことで、肉の表面から中心まで肉の繊維一本一本に肉汁がからみついた状態を保つことができる。ナイフを入れても肉汁を損なうことなく、噛みしめた瞬間に、初めてその肉の旨みが口の中に広がる。店で扱う肉は、すべて極上の赤身肉。ほのかに上品な楢の木の香りを纏わせたかたまり肉は、これまでに味わったことのない肉心地ならぬ食べ心地だ。

(写真上)自然育ちのヘルシービーフを豪快なかたまり肉でいただく。「薪窯焼き ニュージーランド産牧草牛」。

店名の名前の由来は「Caro=お肉」と「Fuego=火」を組み合わせた造語なのだそう。運営会社は、オイスターバー&レストラン「Ostrea(オストレア)」でも知られるバル.ジャパンだ。カロフェゴは新業態の店舗として今年8月にオープンした。ご存知の通り、外食産業では肉が大ブームを巻き起こしている真っ最中だが、同社社長は長年にわたって肉をメインにしたレストランを創りたいという想いを抱き続けてきたのだという。「やるからには、心底自身が納得のいく肉を出さねば」ということで考え出されたのが、特製の薪窯でじっくりと極上の赤身肉を焼き上げるこの特徴的な調理スタイル。薪を使うことで、脂の旨味を超える本当の赤身の美味しさを追求した。一人前 250g の肉のかたまりは、まるで胃に吸い込まれるようにしてあっという間にさらりといただけてしまう。肉の常識を覆すこの"軽み”には、極上肉を食べつくしてきたグルマンたちも驚いた。一度味わうと、またこの味わいを体験したくなる。同店の顧客にリピーターが多いというのも頷ける。

旨い肉はシンプルにいただくのが一番。肉の味付けは、塩だけでも十分に奥深い味わいのだが、同店では、マグマ塩やヒマラヤ岩塩、わさび醤油、ゴルゴンゾーラチーズなど5種のソースを用意している。せっかくなので肉の愉しみ方も追求してみてはいかが。トッピングによって、いかようにも変化してくれる肉の懐の深さを感じるはずだ。

また、食中のドリンクとの相性もぜひいろいろと試してみてほしい。ビールやワイン、カクテル、ウィスキー、日本酒まで、あらゆるニーズに応えるラインナップだ。メニューの中には、東京で唯一のクラフトビール「TOKYO BLUES」(写真上左)などの珍しいビールの銘柄も見つかる。女性受けしそうなフルーティーな香味と深いコクが肉の旨みにマッチする。お酒に弱い方には発泡性のノンアルコールシードルもおすすめ。またビールやワインだけではない新しい肉とお酒の愉しみ方を知りたいという方は、ウィスキーをハイボールでオーダーしてみてもよいかも。

(写真上)左:接待からデート、同僚や友人との飲み会、女子会など幅広いシーンで利用できる上品ながらも居心地の良い空間。右上:前菜の「マグロとアボカドのタルタル」。右下:お店のスタッフが吟味してそろえるワインの品揃えにも自信がある。

はじめてお店を訪れたなら、まずはコース料理(税込み8,424)を注文するのがおすすめだ。前菜からメインディッシュのお肉、パティシエのデザートまで、コース全体を通してメインディッシュの肉をクライマックスに持ってくるよう一皿一皿の味付けやボリュームのバランスも配慮されている。"美味しいお肉を最大限に味わっていただきたい"というお店側の心意気を感じさせる。

店内は、落ち着きがありながら敷居の高さを感じさせず、やわらかで居心地の良い空間が広がる。それはカウンターの前に設置された薪窯の存在のためだろう。炎のゆらめきを眺めると人はリラックスすると言われるが、炎を見ると自然と温かい気持ちになったり、ロマンティックなムードになる。特に薪窯の前に並ぶカウンター席に座ると、炎のゆらめきを眺めながら食事を楽しむことができる。これからの時期、クリスマスに向けた特別コースが12月21日(月)〜26日(土)までの期間限定で提供されるので、ぜひこの機会にデートでの利用もおすすめしたい。「極上の薪窯焼きと共に楽しむ、カロフェゴクリスマスコース2015」は、「フォアグラと無花果のタルトレット」にはじまり、「オマール海老とカブのムースのコンソメゼリーカクテル」、「軽く昆布で〆た金目鯛のヴァプール ジンジャーのソース」、「お口直しのグラニテ」、メインディッシュは、「ニュージーランド牧草牛のサーロイン 薪窯焼き」、「熊本県あか牛サーロイン 薪窯焼き」のいずれかを選べ、メインメニューにより価格が2パターン用意されている。そして、「クリスマスカラー3色のデザート」で締めくくられる。

今年は、絶品のお肉を食べて、身も心も満たされる口福な聖夜を過ごしてみてはいかが。

Caro-Fuego(カロフェゴ)赤坂店

東京都港区赤坂3-7-11 レジーア赤坂
Tel:03-6459-1285
営業時間:ランチ 11:30〜15:00(L.O.14:00)※祝除く
ディナー 17:00〜23:30(L.O.22:00)
定休日:日
※全席禁煙