単独首位で最終日を迎える若林は通算3勝目を狙う(撮影:ALBA)

写真拡大

<スタンレーレディスゴルフトーナメント 2日目◇10日◇東名カントリークラブ(6,583ヤード・パー72)>
 『スタンレーレディス』2日目にイ・ボミ(韓国)、藤本麻子とともに最終組でのラウンドとなった若林舞衣子は「ボミちゃんもマイペースにスコアを伸ばしていくし、私も見習わなければならないと思った。周りを見つつも自分のプレーに集中できました」と緊張感をコントロールして6バーディ・2ボギーの“68”。トータル9アンダーで単独トーナメントリーダーで最終日を迎えることとなった。
【関連】首位浮上の若林のプレーは?『スタンレーレディス』LIVEPHOTOで振り返る!
 3番でこの日初バーディを奪った若林は、5番で2打目をピンそば50cmにつけるショットを放ちスコアを伸ばすと、8番、9番の連続バーディでトータル9アンダー。単独首位でバックナインに入るが、後半は苦しい展開に…。10番の初ボギーでスコアを落とすとその後スコアを伸ばせず、逆に13番でバーディを奪ったボミに逆転を許し、さらに14番で3パットで2打差を付けられてしまう。
 だが15番でボミが1つ落として、1打差となって迎えた16番パー3でバーディを奪いトータル8アンダーで並ぶと、最終18番でも10mのバーディパットを沈め、頭ひとつ抜け出すことに成功した。
 「この2日間はいい流れでゴルフができている」という若林が迷いなくプレーできた一番の理由は“歩いている時はゴルフを考えない”がハマッたこと。「試しているのは、インターバルの時間はゴルフのことを考えないこと。“今日は夜ご飯何を食べようかな〜”とか“昨日はエビフライを食べ損ねたから今日は食べたいな〜”とかそんなことを考えています」。
 今までは優勝争いになると、周りを見すぎてしまって自分の世界に入れず思ったようなプレーが出来ないという悩みがあったが「今日は周りを見る余裕がありました」とボミに逆転を許しても、迷いが生じることはなかった事実はいい成功体験になったことだろう。
 最終日も同組でボミと優勝争いだが「上手いな〜とは思いますが、自分の思うようなプレーが出来れば超えられる相手だと思います」。明日、仮に優勝争いのなか真剣な顔で歩いていたとしても、若林の頭の中では“お休みする来週は空いている時間に何をしような〜”とゴルフとは全く関係ない欲求が膨らんでいるのかも知れない。

<ゴルフ情報ALBA.Net>