写真提供:マイナビニュース

写真拡大

よみうりランド(東京都稲城市)に2016年春オープンする新エリア「グッジョバ!!」の記者発表会見が7日、都内で行われ、主要アトラクションが明らかになった。

「グッジョバ!!」は、"モノづくり"が体験できる屋内型遊戯施設を中心とする新エリアで、オープン日は2016年3月18日予定。自動車、食品、ファッション、文具の4つの業種からなる4つのfactoryで構成され、各factoryでは、コクヨ、日清食品、ワールド、島精機製作所、日産自動車とコラボした、製品の製造工程を巡るアトラクションが誕生する。全15機種で、日本初アトラクションも多数登場する。

○【CAR factory】車の製造工程が体験できる!

「CAR factory」は、近未来的自動車工場内で車の製造工程を体感できるfactoryで、屋内外に2種ずつ、計4種のアトラクションが登場。「カスタムガレージ」では、好きなデザインの部品を車体に取り付け、その車に乗って車両検査、試験走行ができる。

「マイレーシング」では、端末上で車体を自由に変形させ、パーツやカラーリングまで自由にデザイン。そして、完成した世界に1台だけの車が画面上に登場し、その車でカーレースが楽しむことができる。遊園地のアトラクションとして、自分でデザインした車が運転できるものは、"日本初"となる。

○【FOOD factory】「日清焼そばU.F.O.」の工場に潜入!?

日清食品のロングセラー商品「日清焼そばU.F.O.」をテーマにした工場を表現する「FOOD factory」には、屋内に2種のアトラクションが登場。"日本初"の映像ゲーム機能付きボートライド「スプラッシュU.F.O.」では、麺の生地を伸ばす"圧延"や、油で揚げる"瞬間油熱"といった製造工程から、"ターボ湯切り"をはじめとする調理工程まで、「日清焼そばU.F.O.」ができあがるまでの一連の流れが体感できる。

同アトラクションでは、スリル満点の急流下りと、映像を使ったボタンシューティングゲームを、参加者で協力しながら体験。最終地点でゲームの得点がランキング形式で表示される。また、「日清焼そばU.F.O.」のCMに登場したキャラクター"U.F.O.仮面ヤキソバン"も登場し、大活躍。「FOOD factory」に侵入した悪者"ケトラー"を退治する。

○【FASHION factory】ファッション業界で洋服作りを体感!

ファンタジーに演出した工場を表現した「FASHION factory」には、屋内に2種のアトラクションが登場。"日本初"のらせん状スパイラルリフトを取り入れたコースター「スピンランウェイ」では、生地の裁断や縫製など、洋服の製造工程が見学できるほか、得点獲得型ゲームで完成した洋服のコーディネートが楽しめる。滑降時には、ファッションショーに出演しているような音と光の演出に包まれながら暗闇を疾走。また、座席部分が自由に回転し、乗るたびに違う動きが楽しめる。

また、オリジナルの編み物を作ることができる「マイニット」も誕生。自転車やボートをこいだり、体を動かすことで、自動横編み機「ホールガーメント」に動力が伝わり、編み物が完成する。

○【BUNGU factory】「キャンパスノート」作りに挑戦!

コクヨのロングセラー商品「キャンパスノート」の工場をイメージした「BUNGU factory」は、アスレチックを通してノート作りを知ることができるfactoryで、屋内に2種、屋外に4種のアトラクションが登場。「キャンパスチャレンジ」では、「キャンパスノート」の製造工程をモチーフにしたトレーニング型の7つのゲームに挑戦し、クリアしていくことで、製造ラインを動かしノートを完成させていく。最後に、ノートの完成度の判定と、参加者の特性の得点が表示される。

「コクヨのえほん」をテーマにした子供向け遊び場「ひらめキッズ」も登場。人気の「かおノート」をはじめとする5つの絵本をテーマにしたスペースで、不思議な絵本の世界に入り、さまざまな"ひらめき"を体感できる。

そのほかのアトラクションは、後日発表される。また、各factoryでは、実際のモノづくりに触れられるワークショップも開催するという。

総工費は約100億円。パーク全体のアトラクション数は28機種から43機種へ、1.5倍に増加する。料金は詳細を詰めている段階だが、ワンデーパスは大人4,000円から5,400円に値上げする予定とのこと。