“女心と秋の空”ではないが、この季節は天候がコロコロ変わり、気温差も激しい。そのため体調を崩し、肩凝りや腰痛、古傷の痛みなどを訴える人が多い。専門家によれば、気温はもちろん、人間の体は気圧や湿度の変化にも影響されやすいという。そこで、気候の変化と健康管理についてお伝えしよう。

 気候と健康との関係で、天気が良いときは心がウキウキし、悪いときは心が沈む、といった経験をしたことがあるだろう。リウマチや多発性関節炎の患者は、「天気が悪くなってくると痛みだす」という。また、冬場になると何となく元気がなくなり、血圧が上がったりする経験をしている人も少なくない。天候が人間の健康と密接に結びついているからだ。
 「季節は10月に入り、秋も徐々に深まりつつありますが、そもそもこの時季に体調が悪くなる理由は二つあります。一つは気温の変化による自律神経の乱れです。自律神経は体の機能を調整しており、暑いときは末梢血管を拡張して汗を出すことにより、体内の温度を下げる働きをします。寒いときは逆に、末梢血管を収縮させて熱を体内にとどめ、体温を保ちます。気温の差が大きくなると、自律神経が対応しきれなくなり、血液循環が悪くなって体温調節が難しくなるのです」
 こう話すのは、東京都多摩総合医療センター脳神経内科の外来担当医だ。血液の循環が悪くなると、細胞への酸素や栄養の搬送、老廃物の除去がうまくいかなくなり、筋肉に疲労物質が蓄積されるという。ただでさえ気温の低下によりこわばった肩や腰の筋肉が、さらに硬直することで血管や末梢神経が圧迫される。それが血行不良を増幅する上、末梢神経を刺激して傷みを発症し、体調を崩す要因となっているのだ。

 そして、もう一つ、時季によって体調不良が起きる原因として、気圧の変化が挙げられる。はっきりとした要因は不明ながら、低気圧にさらされるとヒスタミンの分泌が増えることが分かっている。
 「ヒスタミンは体の外の刺激によって、肥満細胞と呼ばれる細胞から分泌され、免疫細胞に指令を出す働きがあります。これが過剰に分泌されると、花粉症のようなアレルギー症状が起きてしまい、炎症作用、血管の収縮、血圧の上昇をもたらせます。その結果、体調不良になってしまいます。むろん、食べ物がおいしい季節だけに、食べ過ぎによる胸焼け、胃もたれが不調の原因になる場合もありますが、まず気を付けたいのは『天気痛』です」(同)