岡崎慎司【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表9日、アウェイでのイラン戦に向けてテヘランへ移動して調整を行った。

 シリア戦から一夜明け、改めて試合を振り返る岡崎慎司は「ここで満足できないというか、もっと自分たちがやれる部分をこういう予選っていう苦しい中で出し切れなかった」と不完全燃焼を悔やむ。

「ミスもすごく多くて、相手が体力あるうちはやりたいことをやれなかった」と内容に言及した岡崎。これからさらに厳しさを増すアジアの戦いに向けて「自分たちの連携だったり、技術的なミスをなくするところだったり、もっと迫力ある試合ができるってところではまだまだ試さなきゃいけないことは多い」とさらなる成長に意欲を見せた。

 そして13日にはアジア屈指の強豪イランと対戦する。親善試合とはいえ自分たちの力を試す絶好の機会に岡崎は「相手のホームで勝つっていうのが一番の目的」、「どんな時でも勝つことを今、意識しなきゃいけない」と闘志を燃やす。

 日本の絶対的エースストライカーは「自分たちが目指しているところはW杯予選を勝ち抜くことじゃなくて、やっぱり世界で結果を出すこと」と述べる一方、「W杯でもそうですけど、自分たちのサッカーができているチームなんかなかなかなくて、その中でも勝つべくして勝つチームが優勝したと思う」と分析する。

 そのうえでイラン戦のテーマを「今までやってきたことを90分出し切るっていうところで、そのうえで何が反省点として出てくるのか」と掲げ、必勝を誓った。

text by 編集部