山口蛍【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は9日、イランとの親善試合を行うテヘランへ移動。13日の試合へ向けた合宿をスタートさせた。

 シリア戦の前半、山口蛍はハリルホジッチ監督から何度も名前を叫ばれた。攻守において存在感を放てず、消化不良の時間を過ごしたが、ハーフタイムの修正でプレー内容は改善に向かった。

「距離感も近くなりましたし、サポートの位置もパスコースも1つだけじゃなくて2つ3つとあったんで、やりやすくなった」

 チームとして修正できたことが後半のゴールラッシュに繋がったが、次に対戦するイランはシリアより強い。プレーが安定しないようだと山口のところを狙われる可能性もある。

「レベルが上がる相手にも、ビルドアップの部分とかはもっとやっていかなきゃいけない」。セレッソ大阪では自身が組立てを担うが、代表にはそれができる選手はたくさんいる。山口は「クラブと一緒のようにもっと自分がってやっていけば、よくなるかもしれない」と意識を変えていく考えを示した。

text by 編集部