岡崎、チーム内での競争を歓迎「選手間でそんなに大きく差はない」

写真拡大

 13日に行われる親善試合でイラン代表と対戦する日本代表は、3−0で勝利したシリア代表戦から一夜明けた9日、イランの首都テヘランへ移動した。

 シリア戦で1得点を挙げたFW岡崎慎司は、「自分も含めて、昨日は単純なミスや相手に負ける部分が多かった。コンディションやピッチと関係なく、やれないといけない部分だと思う」と同試合の反省を述べ、イラン戦へ向け「いろんなことを試す場だと思う。その上で、相手のホームであのイランに勝つということが一番の目的。自分たちは今、どんな時でも勝つことを一番に意識しなければならない」と語った。

 チーム内での競争に関しては、「今、チームの中で出れる選手はある程度決まっているけれど、選手間でそんなに大きく差はないと思う。みんなが自分の特長を持っていて、それを出すのが一番大事だと思うし、それを理解することが大事。ここに呼ばれているのはある程度やれている選手ばかりなので、本当に強い競争になると思うし、楽しみです」と主張している。