スタンプラリーや仮装コンテストも!横浜山手西洋館で「ハロウィンウォーク2015」

写真拡大 (全4枚)

歴史ある洋館が立ち並ぶ街は、ハロウィンの仮装で歩くのにぴったりのロケーション。仮装予定の女子は、山手周辺で開催されるハロウィンのウォークイベントをチェックして。

2015年10月25日(日)、横浜山手西洋館では、今年で15回目を迎える「ハロウィンウォーク2015」を開催。目玉は、ハロウィンの仮装をして世界の人形が集まる「横浜人形の家」や芝庭が美しい横浜市イギリス館、オープンカフェのある「外交官の家」など、横浜市山手エリアの13施設を巡る「スタンプラリー」。10月17日(土)から31日(土)まで、横浜山手西洋館7館では、館内装飾をハロウィン仕様にしているので、それぞれに工夫を凝らしたデコレーションも見どころ。

「今年は、横浜も舞台となったNHKのドラマ『まれ』にちなんで、話題の『キッチンウィッチ』(幸せを呼ぶ台所の魔女)を、必ずどこかに飾っています。各館でいろんなタイプのものを飾っていますので、見つけてみてください」と、広報担当者さん。
参加する条件は、仮装かフェイスペイントをしていること。当日、10時以降に立ち寄りやすい施設で「スタンプカード」を受け取ったら、スタート。巡る順番は自由だけれど、ゴールするのはブラフ18番館とアメリカ山公園がルールだそう。

「それぞれの施設でスタンプをもらうことができます。また、スタンプを9個以上集めた方に努力賞を、13個集めた方にパーフェクト賞を用意しています」(同)

スタンプラリーは16時まで開催しているけれど、参加は先着6000名まで、努力賞は4000名、パーフェクト賞は400名の制限があるので早めのチェックインがおすすめ。


同日、アメリカ山公園では「仮装コンテスト」も開催していて、「話題になっているで賞」、「かわいいで賞」、「なりきっているで賞」、「目立ったで賞」、「めちゃすごいで賞」、「頑張ったで賞」の6ジャンルで、それぞれ先着10組ずつがエントリーできるとか。自信のある部門にチャレンジして。


また、10時から15時までは、外交官の家、ベーリック・ホール、山手234 番館、山手111番館、横浜市イギリス館の5会場で、「フェイスペインティング」(1回100円、各先着100名)のサービスも。これなら気軽にハロウィン気分を味わえるはず。

このほか、25日(日)はカチューシャなど仮装グッズの販売や、テイクアウトで食べ歩きできるような軽食を出すキッチンカーなど、各館ごとに出店も登場する。この日は自慢の仮装でウォークやコンテストに参加して、ハロウィン気分を満喫して。