バルセロナが関心を示すFWディルク・カイト【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナが、エールディビジのフェイエノールトに所属する35歳の元オランダ代表FWディルク・カイトを来年1月の獲得候補としてリストアップしているようだ。8日にスペイン紙『スポルト』が報じている。

 カイトは2012年にリバプールからトルコ1部のフェネルバフチェに移籍。この夏から古巣のフェイエノールトに復帰していた。今季公式戦9試合に出場し6得点を決めている。バルセロナは来年1月まで補強禁止処分を受けているが、35歳になってもなお活躍を続けているカイトに注目しているようだ。

 また、カイトの他にもレッドブル・ザルツブルクで南野拓実と同僚のFWジョナタン・ソリアーノ、バレンシアのFWアルバロ・ネグレド、カタールのアル・ラーヤンでプレーするFWセルヒオ・ガルシアなどもリストアップしているとのこと。

 いずれも30歳を超えるベテラン勢だが、高いレベルでプレーを続けているとバルセロナは評価しているようだ。

 バルサは2006年7月にセルティックから当時33歳のスウェーデン代表ヘンリク・ラーション(現ヘルシンボリ監督)を獲得して経緯がある。通算で58試合に出場して18得点を決めており、ベテランながら結果を残していた。

 もしかしたら、バルサはラーションの活躍をイメージしてカイトをリストアップしているのかもしれない。

text by 編集部