バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノ【写真:Getty Images】

写真拡大

 バルセロナのアルゼンチン代表MFハビエル・マスチェラーノが、サッカーを楽しむより苦しんでいる。8日付け『マルカ』が報じた。

 同紙によると、マスチェラーノは「グラウンドにはサッカーを楽しむために出て行くということをたくさんの選手が言うが、自分はその意味を見つけられない。自分はサッカーを楽しむためにグラウンド内にいるわけじゃない」と告白。

「いろんなことが学べる練習のほうが楽しい」とし、試合の90分間は楽しいと感じたことはないとした。

 本来のポジションはディフェンシブMFだが、バルサではセンターバックとしてもプレーするマスチェラーノは「90分間は苦しみだ」と明言しており、それは「ミスをしないように完全に集中し、自分だけではなくチームメイトのプレーにも注意を払わなければならないからだ」と明かしている。

 また、マスチェラーノは「自分はセンターバックとして使えなかったら、今頃恐らくバルサではプレーしていないだろう」と語っている。

text by 編集部