写真提供:マイナビニュース

写真拡大

●CEATECを彩ったロボットたち
ロボットブームと呼ばれる中で開催された今年のCEATECでは、ロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)や、洗濯物折り畳みロボット「laundroid」(ランドロイド)など、非常にユニークなロボット製品の発表が相次いだ。本レポートでは、CEATECで見つけたロボット関連の話題について紹介する。

○新型になったチアリーディング部

まずはCEATECの定番といえる村田製作所のブース。同社は昨年、「ムラタセイサク君」「ムラタセイコちゃん」に続く第3世代のデモロボットとして「村田製作所チアリーディング部」をデビューさせているが、今年も引き続き、このチアリーディング部10体のロボットによるステージショーを行っていた。

チアリーディング部は、身長36cm、体重1.5kgの玉乗りロボットである。今年のロボット、外観は昨年と同じように見えるが、信頼性を向上させるために、ハードウェアは新設計で作り直したという。これにより、旧型では移動速度が最大20cm/sに抑えられていたところ、新型では25cm/sまで出せるようになった。

昨年は転倒するシーンもたびたびあったが、改良した新型では転倒が少なくなったという。筆者が見た初日1回目のステージショーでは見事ノートラブルで成功。ロボットの動きも、昨年よりは安定しているように見えた。

○予測精度が向上した卓球ロボット

オムロンは、進化した卓球ロボットを出展していた。昨年と同じように、ステレオカメラの画像からピンポン球の軌道を予測し、パラレルリンクのロボットで打ち返すことができるというシステムだが、今年は予測精度が向上。また予測結果を卓球台に表示して、人間をアシストする機能も追加されている。

昨年はパラメータとして重力しか予測に使っていなかったが、今年のバージョンではこれに加え、ピンポン球の回転による軌道変化も考慮することで、予測の精度を向上させた。回転はカメラの映像から直接検出しているわけではなく、予測した軌道と実際の軌道のズレから推測、それを軌道予測の計算にフィードバックしているそうだ。

ところでこの卓球ロボットにはまだ名前が無かったのだが、同社は公募で決めることを発表。10月21日まで、同社WEBサイトの応募フォームで受け付けるとのこと。

○折り鶴が空を飛ぶ

ロームは、マイコンボード「Lazurite」(ラズライト)を使った技術デモンストレーションとして、折り鶴型の羽ばたき飛行機「ORIZURU」を披露していた。Lazuriteは省電力が特徴のArduino互換ボード。現在、標準サイズの「Lazurite Basic」が販売中だが、ORIZURUには、IoT向けに小型化した新型基板「Lazurite Fly」を搭載した。

この新型基板はSDカードサイズで、マイコン、モータードライバ、各種センサー(地磁気、加速度、気圧、照度・近接)、920MHz無線を全てオンボード搭載。これにバッテリとモーターを繋ぐだけで、様々なロボットを作ることができる。発売日や価格は未定だが、ネットショップ等で個人でも購入できるようになるとのこと。

○スマホとロボットが融合!

来場者の注目度が高かったのはシャープのロボット電話「RoBoHoN」(ロボホン)だ。これはロボットとスマートフォンが融合した製品で、2足歩行が可能なほか、小型プロジェクターまで内蔵。サイズは約19.5cm、重さは約390gと、携帯電話としてはちょっと大きくて重いが、これを持ち歩けば目立つこと間違い無しだ。

このRoBoHoN、2足歩行ロボットとしてはかなり小さい。まだ開発中のためか、ブースの説明員に何を聞いても「非公開」と言われてしまうのだが、とりあえずデモやコンセプトムービーの動きからすると、自由度は足3軸×2、腕3軸×2、首2軸の計14軸ではないだろうか。全体のバランスとしては、足がやや短い印象を受ける。

通話、メール、アプリ、検索、カメラなど、普通のスマホの機能は一通り揃える。背面に液晶画面があるが、音声認識による操作が基本となるようだ。サーボモーターがこれだけ使われるとなると、バッテリの持ちはちょっと気になるところだが、2016年前半という発売が非常に楽しみな製品だ。なお価格は未定とのこと。

●人類の夢がついに実現? 洗濯物折り畳みロボット
○洗濯物の折り畳みを自動化

seven dreamers laboratoriesは、全自動洗濯物折り畳み機「laundroid」(ランドロイド)を世界で初めて実用化、ブースで試作機のデモを披露していた。乾燥が終わった洗濯物を投入すると、衣類の種類を認識して折り畳み、収納まで自動で行うという。2016年度中に先行予約販売が開始される見込み。

これまで、洗濯と乾燥までは自動化できていたが、その後の折り畳みは自分でやるしかなかった。そこで、同社は2005年から開発を開始。同社によれば、折り畳み作業に要する時間は人生で約9,000時間、約375日にもなるということで、これを自動化することで、自由な時間を手に入れられるとアピールする。

2017年に発売する第1弾モデルは折り畳み専用機となるが、2019年には、洗濯から折り畳みまで全て行えるオールインワンモデルを投入、洗濯を完全に自動化する。さらに2020年には家に一体化、各部屋のクローゼットに自動で収納することも目指す。製品化に向け、パナソニックと大和ハウス工業と協業、共同開発を開始したそうだ。

デモでは、Tシャツの投入から取り出しまで4分半ほどかかっていたが、実際には物により、5〜10分ほどになるという。第1弾モデルは40枚、4.5kgの洗濯物を投入可能で、終了まで3〜6時間ほどかかるため、夜に開始して朝には終わるような使用イメージのようだ。

○注目のホビー向けロボットキット

タカラトミーから11月上旬発売予定というロボットキット「MECCANOID」(メカノイド)も出展されていた。なんといっても、税別5万円という低価格で、身長122cmの大きなロボットを作ることができるのが特徴。さすがに2足歩行ではないものの、音声認識やモーションキャプチャーなど、機能はなかなか本格的だ。

○台湾発の新型ホビーロボット

XYZプリンティングジャパンのブースでは、現在開発中の2足歩行ロボットが展示されていた。今年のCOMPUTEXで披露されたプロトタイプではROBOTIS製のサーボモーターが入っていたが、CEATECで展示されていたものには自社開発のサーボモーターが使われていた。発売時期は未定で、米国か台湾で先行販売する予定だという。

○スケルトニクスの次世代機は?

スケルトニクスは情報処理推進機構(IPA)のブースにて、最新世代の外骨格ロボットスーツ「スケルトニクス・アライブ」を展示していた。今までのスケルトニクスシリーズは全て人力で動かしていたが、同社は現在、動力付きの次世代機を開発中。年内の完成を目指しており、来年度の発表を予定しているとのこと。アクチュエータが何になるかは明らかにされていないが、重量は現在の10倍の400kgくらいになるそうだ。

○仮想空間でのロボットコンテスト

CEATECの会場内で、「ジャパンバーチャルロボティクスチャレンジ」(JVRC)が開催されている。これは災害対応ロボットによる競技会で、実機は使わず、全て計算機上だけで実施するのが特徴。「DARPA Robotics Challenge」(DRC)の日本版、シミュレーション版と言えるだろう。この競技については後日、別途レポート記事でお伝えする予定だ。

(大塚実)