<スタンレーレディスゴルフトーナメント 初日◇9日◇東名カントリークラブ(6,583ヤード・パー72)>
 現在、獲得賞金額1億6334万66円で、自身初の賞金女王へ邁進するイ・ボミ(韓国)。今週の『スタンレーレディス』で優勝を果たせば、横峯さくらの持つシーズン最高額の1億7501万6384円(2009年)を超え、記録更新となるが、初日5アンダー首位と1打差・2位につけて“さくら超え”へ絶好のスタートを切った。
“スマイルキャンデイ”ボミの特選ショットは写真館で!
 「長いバーディパットを決めたのは10番の1つだけ。あとは4m以内につけたバーディチャンスでした」とショット好調で6バーディ・1ボギー。6番からの3連続バーディでリーダーボードを駆け上がると、終盤までは停滞するも上がり2ホールで連続バーディフィニッシュ。最終的には後続の藤本麻子にかわされたが、ホールアウト時点では首位に立っていた。
 開幕前に各選手が警戒した硬いグリーンコンディションにも「先週がメジャー(日本女子OP)でしたけど思ったよりグリーンが柔らかく感じたので、逆に今週の方がスピードもメジャーっぽくて楽しかったです」と貫禄の発言と余裕の表情。
 今季4勝で2位が数えること7度。出場25試合中トップ5以上が16回と圧倒的な強さを見せているボミ。今週の優勝賞金1,620万円を加算すれば約1億8,000万となり、まずは“さくら超え”、そしてつねづね公言する目標・年間獲得賞金2億円に大きく近づくが、記録更新へのプレッシャーは「“ない”より“ある”ほうがプラスになります!」とラストスパートへの推進力へと転換している。
 「残り8試合で1勝したいと考えていたので(年間獲得賞金額の記録更新は)今週なら最高です」と見せたとびきりの笑顔からは“狙う気十分”といった気持ちが伝わってきた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>