シリア戦は怪我人を除けば、ほぼ現状のベストと思われるメンバーで臨んだ。しかし、前半は思わぬ苦戦を強いられた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 日本はワールドカップ・アジア2次予選で、初めて勝とうと挑んでくるチームと対戦した。FIFAランク3ケタのシリアは、シンガポールやカンボジアのように後ろで待ち構えるだけではなく、ミドルゾーンで厳しいプレッシャーをかけ、ショートカウンターを狙って来た。時には積極的にGKへのバックパスも追いかけたほどだ。
 
 日本は序盤でオフサイドにかかるシーンもあり、ラインも下がったままではなかった。そういう意味で、もし日本が現状の立ち位置を確認するなら、まだシリアに十分なモチベーションと体力が横溢する前半に、どれだけ崩してゴールを奪えるかがポイントだった。
 
 だがその前半で、日本は最終ラインからMFまでのビルドアップの段階ですでに精度を欠き、何度もインターセプトされカウンターのピンチを招いている。対戦相手がシリアでなければ、致命傷になってもおかしくないボールの奪われ方が立て続けに見られた。
 
 序盤には最後尾の吉田麻也がフィードにもたつき、シリアのFWマルキにインターセプトを許しているが、全体に動きが少ないのでパスの出し手は、こうして再三立ち止まってコースを探した。
 
 結局前半の日本は、香川真司のFK、本田圭佑のCKから2度の決定機を創出したが、シリアにもフィニッシュでしっかりミートができれば1点というビッグチャンスを2度許している。
 一般的に格下の相手が攻めに出て来てくれれば、スペースが生まれ勝ちやすいパターンになる。過去のスコア等を比較しても、シンガポール以上にシリアとの相性が良い理由もそこにある。ところが日本はシリアのプレッシャーをかいくぐれず、45分間ペースを変えることができなかった。
 
 例えばアルベルト・ザッケローニ監督時代は、今回の2次に相当する3次予選で、ホームながらヨルダンに6-0、タジキスタンに8-0、オマーンにも3-0で勝利している。もちろんヴァイッド・ハリルホジッチ監督には、まだ日本代表を率いて10戦目というハンディがあり、ザッケローニ監督にはアジアカップを戦うなどチームを強化する機会と時間も与えられていた。
 
 ただしハリルホジッチ監督は、メンバーの大半をブラジル・ワールドカップから引き継ぎ、経験豊かな選手で固めている。裏返せば3年後のロシア大会に向けて活力剤になる新戦力の発掘は遅れているわけで、後半疲れが蓄積し、先制されて前がかりになるシリアから3ゴールを奪っても、せいぜい安堵はできても「美しい勝利」(ハリルホジッチ監督)と手放しで喜べる状態ではない。
 
 即席のナショナルチームの宿命でもあるが、もし現状で好調な川崎フロンターレとでも試合をすれば、おそらく圧倒的にボールを支配されることになるだろう。
 今までアジアとは無縁だったハリルホジッチ監督は、少しずつ様々な状況を学習している状態だ。アジアや日本の事情、対戦相手との力関係なども含めて、まだ十分に把握し切れている様子はない。2次予選や、その前の東アジアカップは、重圧を感じるような段階ではない。むしろチームを固めて勝ちに行くより、将来へ向けて伸びしろを探す実験の場と捉えるくらいでないと、3年後には息切れが来る怖れがある。
 
 予想通りハリルホジッチ監督は、お馴染みのメンバーで手堅い采配をした。確かに勝点でシリアに先行を許した状況では、こうするしかなかったのだろう。
 
 しかし本田も長友佑都もベテランの域に足を踏み入れ、所属チームでは試合に出ていない。一方で3年後に重要な役割を担う期待値が高い宇佐美貴史や武藤嘉紀にとって、相手が疲れてスペースのできた終盤に働くのは効果的だが、同時に楽な仕事でもある。
 
 指揮官がロシアで結果を求めるなら、3年後を睨んで育てながら結果を出していく作業が必要になる。ハリルホジッチ監督は、毎回「このチームには伸びしろがある」と強調するが、固定メンバーでの組織力を熟成するだけでは、世界で勝ち切る伸びしろを生むのは難しい。
 
文:加部 究(スポーツライター)