Doctors Me(ドクターズミー)- 腹部にしこりが…!? 放っておくと危険な、生理以外の"不正出血"について。

写真拡大 (全4枚)

まだ生理ではないのに、なぜか出血した…女性の多くは、そういった経験をいているのではないのでしょうか?

ただ、女性の体はデリケートなので、不正出血は、誰にでも起こることなのです。しかし放っておくと危険な"不正出血"があることをご存知でしょうか。

まずはご自身の不正出血に危険性はないのかどうか、下記のセルフチェックを行ってみてください。
下記の10個の質問のうち、何個当てはまるかチェックしてみてください。

チェックスタート!

□ 生理の出血量が多い
□ 生理痛がひどい
□ 性交後、出血がある
□ 性交時、腹痛がある
□ 生理の時にレバーのような塊が出ることがある
□ おりものが多く、悪臭がする
□ おりものが多く、血が混ざる
□ 腹部にしこりがある
□ 生理が遅れていて、出血がある
□ 腰が痛い感じがある

いくつ当てはまりましたか?
結果は…

当てはまる数が「0個」の人


不正出血フリー!

あなたの不正出血は、子宮筋腫や癌、内膜症や子宮外妊娠などの危険性の兆候は少ないといえます。ただ、何度も続いたり、長く続いたりひどくなるときは、早めに婦人科を受診されるのが安心です。

当てはまる数が「1〜5個」の人


不正出血イエローカード!

あなたの不正出血は、危険な可能性もあります。現在不正出血が起こっていて、まだ受診されていないようであれば、なるべく早めに婦人科を受診されるのが安心です。

当てはまる数が「6〜10個」の人


不正出血レッドカード

あなたの不正出血は、危険な可能性があります。現在不正出血が起こっていて、まだ受診されていないようであれば、早急に婦人科を受診なさって下さい。
不正出血には、排卵期出血や機能性子宮出血といって、ホルモンバランスなどから起こる心配のないものもありますが、子宮筋腫や癌、内膜症や子宮外妊娠など、治療が必要な不正出血もあります。

もし何か違和感がある場合は、なるべく早めに婦人科を受診すると良いでしょう。