長友と酒井高のSBは守備面でおおむね安定していたが、攻撃面では合格とは言えない。クロス精度はいまひとつで、組み立てへの貢献度も低かった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

 無失点で乗り切った守備面での出来は、まずまず安定していたと言って良いだろう。吉田と槙野のCBコンビは完全に制空権を握り、「真ん中からロングボールを放り込んでくるのは分かっていた」と相手のアバウトなフィードを撥ね返し続けた。また、くさびのパスに対しても素早く寄せ、カウンターを出される前に潰せてもいた。
 
 SBもおおむね守備に穴を開けることはなく、安定した対応を見せた。長友にいたっては、ピッチの状況を判断して中央に絞ったりと、的確なポジショニングでCBをサポートし、ピンチの芽を的確に摘んでいる。
 
 一方の攻撃面は、合格点を与えられない。ハリルホジッチ体制下で初先発した酒井高は、タイミングの良いオーバーラップを見せていたものの、クロス精度はいまひとつ。長友は攻撃に参加する回数自体が減った印象で、両CBは「向上するために、さらにやりました」(ハリルホジッチ監督)という非公開練習でトレーニングしたセットプレーでチャンスを逃している。
 
 また、ビルドアップでの貢献度が低かったのも反省材料だ。効果的な持ち上がりや縦パスは槙野が見せた数回くらいで、相棒の吉田や長友と酒井高の両SBはまるで組み立てに参加できなかった。
 
 CBは足もとでボールを止めてパスの出しどころを探すシーンが多く、SBはCFやトップ下に入れるダイアゴナルのパスがほとんどなかった。シリアがアグレッシブにプレスにきたため、中盤の特にバイタルエリアにはスペースがあったが、岡崎や香川がギャップで受けようとしても誰も効果的なパスを出せなかった。
 
 スムーズにビルドアップできなかったのは、後述するボランチの機能不全が大きく関係しているものの、最終ラインの発想の乏しさも無関係とは言えないだろう。吉田が高い位置でボールを奪われたシーンが象徴するように、最終ラインの選手たちが縦パスを入れるタイミングを躊躇し、攻撃のリズムを悪くしていたのも動かしがたい事実だからだ。
 シリア戦でもっとも問題だったのは、このエリアだろう。「山口、長谷部、香川の3人と、両サイドの本田、原口が広がった状態になっていたので、もっと近くでプレーしてほしいと指示した」(ハリルホジッチ監督)という後半は持ち直したものの、前半はとにかくパスミスが多く、前述した最終ライン以上に攻撃のリズムを切っていた。
 
 長谷部が前、山口が後ろと役割分担が明確だった割には、ふたりともポジショニングが曖昧だった印象は拭えない。特に山口のパフォーマンスは不安定そのもの。ふらふらと中盤をさまようだけで、中継点になろうという意思がまるで感じられなかった。併せて球際の厳しさも欠けており、何度も「ホタル!」と名指しで叱責していたハリルホジッチ監督が、前半のうちに交代させなかったのが不思議なほどだ。
 
 全体の距離感が良くなった後半は、ふたりともビルドアップに絡むようになったものの、相手の運動量が落ちてスペースができたという側面は差し引くべきだろう。プレスを受けた前半に存在感を示せなかったのは、今後に向けた大きな不安材料だ。
 
 その点で言えば、ハリルホジッチ監督が他の選手をテストしなかったのも気になる。結果的に後半に3ゴールを奪ったとはいえ、前半の出来を考えればハーフタイムで交代の札を切ってもおかしくなかった。柴崎や柏木はなんのためにベンチに座っていたのか。あの状態でチャンスを与えられないのであれば、選手がモチベーションを保つのは難しいだろう。
 アフガニスタン戦に続いて先発した原口の出来は、褒められたものではなかった。アフガニスタン戦では左サイドからの果敢な仕掛けで攻撃を活性化していたが、今回のシリア戦ではピッチ状態やチームメイトとのフィーリングが噛み合わなかったようだ。中央へ切り込んで日本のファーストシュートを放った積極性や守備への切り替えの速さは買えるものの、肝心の攻撃面でコンスタントにハイパフォーマンスを発揮できなければ、スタメン定着とはいかないだろう。