単独首位で折り返した室田淳 2年連続プレーオフ敗退中の悔しさをはらせるか

写真拡大

<日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ 2日目◇9日◇サミットゴルフクラブ(6,935ヤード・パー72)>
 茨城県にあるサミットGCで開催されている「日本プロゴルフシニア選手権 住友商事・サミットカップ」は2日目を終えて、現在賞金ランキング2位で今大会過去3度優勝を誇る室田淳がトータル7アンダーまでスコアを伸ばして単独首位に浮上した。
4アンダーで首位タイスタートを決めた初日
 2打差の2位タイに白浜育男と大山健、トータル4アンダーの4位タイに尾崎直道とグレゴリー・マイヤー(米国)、ブーンチュ・ルアンキット(タイ)がつけている。現在4勝を挙げて賞金ランク1位の崎山武志はトータル3アンダーで羽川豊、奥田靖己らと並んで7位タイ。初日8位タイの中嶋常幸はトータルイーブンパーの24位タイに後退して予選ラウンド2日間を終えている。
【2日目の順位】
1位:室田淳(-7)
2位T:白浜育男(-5)
2位T:大山健(-5)
4位T:グレゴリー・マイヤー(-4)
4位T:尾崎直道(-4)
4位T:ブーンチュ・ルアンキット(-4)
7位T:奥田靖己(-3)
7位T:羽川豊(-3)
7位T:崎山武志(-3)
7位T:中根初男(-3)
7位T:高島康彰(-3)
7位T:杉原敏一(-3)
7位T:林吉祥(-3)
<ゴルフ情報ALBA.Net>