前半は思うように連動できなかった本田(4番)と香川(10番)だったが、後半は香川の機動力と本田の的確なポジショニングが上手く融合し、日本の攻撃にリズムが生まれた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全2枚)

 2次予選で最大の山場と見られていたシリアとの大一番で、日本は本田、岡崎、宇佐美がゴールを決めて、3-0のスコアで勝利を掴むことができた。
 
 もっとも、前半と後半では、まるで別のチームのようだったね。
 
 0-0で終えた前半は、とにかく距離感が悪かった。暑さもあったのだろうし、ピッチ状態も悪そうでやりにくかったのかもしれないけど、選手同士が離れすぎていて、上手くボールをつなげられていなかった。

【PHOTOハイライト】シリア 0-3 日本

 CBから縦パスが入り、前線の選手が収めても、味方が近くにいないから、その次がなかなか続いていかない。相手も球際に厳しく来ていただけに、トラップした瞬間に少しでも考えて時間をかければ、前を向けずに後ろに下げさせられるか、ボールを奪われるかで、攻撃が途切れ途切れになる。そんなシーンが非常に多かった。
 
 とはいえ、後半になると、日本が主導権を握る時間帯が増えてくる。序盤からアグレッシブに戦ってきたシリアに疲れが見え始めたけど、前半から日本が意図的にロングボールを放り込んでいたのも、ジャブとして効き出したのだろう。
 
 加えて、日本の距離感もかなり改善されて、人数をかけてスムーズに仕掛けられるようになっていった。とりわけ、右ウイングの本田がサイドに張らず、中央に侵入する回数が増えてきたことで、日本のパスワークにリズムが生まれるようになった。
 
 相手の2ボランチの背後、CBの前のスペースに入ってボールを受けることで、チャンスが拡がっていく。ただ、本来ならば中央にはトップ下の香川がいるけれど、彼とCFの岡崎とのコンビネーションは今ひとつだったし、香川に関してはむしろ中央からサイドに流れたほうが、より活き活きとプレーできていたように見えた。
 
 相手のボランチの横やペナルティエリアの角の手前ぐらいにポジションを取って、フリーの状態でパスが入れば、そこからのドリブル突破、あるいはオーバーラップしてきたSBにスルーパスを通す。
 
 中央に陣取るよりも、流動的に動きながら幅広く起点を作っていく。香川のその動きに合わせて、本田が中に入ってくる。彼らの息の合った連動性や絶妙な距離感が、日本の攻撃を活性化させていた。
 
 中央で本田が活きるのであれば、トップ下は本田、右サイドは香川にすればいいという意見もある。それも一案かもしれないけど、最初からそれだと相手も対応しやすいと思う。
 
 より機動力に優れる香川が真ん中から左右に動き出したほうが、それによってDFを釣り出したり、相手の守備組織を混乱させられるし、味方がつけ入るスペースが生まれやすくなる。そこをいかに効果的に使えるかで、日本の攻撃力は格段に良くなっていくのではないだろうか。
 結果的に日本は後半に3得点を奪い、守備陣も無失点で抑えて、完封勝利を収めることができた。
 
 3つのゴールを振り返ると、まず先制点の場面では、ボランチの長谷部から岡崎へのシンプルな縦パス1本が起点となって、岡崎がエリア内でファウルを受けてPKを獲得。これを本田が冷静に流し込んでリードを奪う。
 
『まずは裏を狙う』ことを第一優先に考えたチームコンセプトが上手くハマり、相手の守備陣形が整う前に、縦に速く仕掛けられたのが奏功したと思う。
 
 点取り屋としての経験が豊富な岡崎のしたたかさも見逃せない。前半から球際に強く来ていた相手の傾向を把握したうえで、走りながらもDFの寄せてくる動きをしっかりと確認し、ファウルを誘うように一歩前に出る。まさにPKを“もらいにいった”形で、岡崎のテクニックが光った場面でもあった。
 
 その岡崎が香川からのアシストで決めた2点目は、ニアサイドを深くえぐった香川の個人技でほぼ決まり。ここでもやはり、香川は中央からではなくサイドからの仕掛けで決定機を演出してみせた。
 
 3点目は、前掛かりとなった相手の裏を突いて、訪れたゴールチャンスを確実にモノにしてみせた。スコアラーが途中出場の宇佐美という点でも、戦力の底上げという意味でハリルホジッチ監督を喜ばせたんじゃないかな。
 
 この勝利によって日本はシリアに代わり、グループ首位に立った。とりあえずは一安心というところかもしれないけど、ワールドカップ本大会を見据えれば、個人的には不安のほうが大きいのが正直なところ。
 
 まだアジア予選の段階で、ロシア行きのチケットを手にしたわけでもないし、気が早いかもしれない。でも、シリア戦のような戦い方では、例えば世界の強豪国と戦った時には、調子の上がらない前半のうちに勝負を決められてしまう可能性は十分にあり得る。
 
 先制を許してビハインドを追いかける状況になれば、前掛かりにならざるを得ず、その隙を突かれてさらに失点という、言うなれば今回のシリアの立場に日本が立たされるかもしれないんだ。
 
 シリア戦を振り返れば、はっきり言って60分過ぎぐらいまで香川は輝きを放てたとは言い難いし、1得点・1アシストの本田にしても、本来の実力を考えれば、物足りなさを感じさせるパフォーマンスだった。チームとしても、後半の途中からエンジンがかかるようでは遅すぎる。
 
 この結果に満足している選手たちはいないと思うけど、完勝のなかでも見えてきた課題にしっかり取り組んで、世界を見据えたうえで、危機意識を忘れずに今後も戦っていってほしい。