ミルコ・デムーロ騎手インタビュー(前編)

今年3月にJRA(日本中央競馬会)の騎手免許を取得したミルコ・デムーロ騎手(36歳)。それまでにも短期免許を取得して大いに活躍してきたが、日本にしっかりと腰を据えることで、その実力を遺憾なく発揮している。今春には、皐月賞、日本ダービーと牡馬クラシックの二冠を達成。勝利数はおよそ7カ月で80勝を突破した。この秋もさらなる飛躍が期待される"名ジョッキー"に、まずはここまでの奮闘ぶりについて振り返ってもらった――。

―― JRAのジョッキーになったのが、今年の3月1日。勝ち星は80勝を超えて、重賞も7回制しています。「さすが」という感じですが、当初からこれくらいは勝てると思っていましたか。

「周囲のみんなは、ボクがJRAの騎手になったら『100回は勝てるよ』って言っていたけど、ボク自身は勝ち星のことなんてまったく考えていなかった。毎週、毎週、『いっぱい勝ちたい』『いっぱいいい馬に乗りたい』と思っていただけ。そういう意味では、こんなにいい成績が残せて、とてもうれしいよ。重賞もいっぱい勝ったし、GIも勝ったし。ほんと、すごいよ(笑)」

―― 短期免許で来日していた頃と、JRAの騎手になった今とでは、何か違いはありますか。

「(短期免許で来ていたときは)3カ月だけだったから、いい馬と出会っても、チャンスはほとんど1回しかなかった。レースに出て2着に負けると、もう次に(リベンジする)チャンスはありません。でも今は、たとえ1回失敗したとしても、まだチャンスが残っている。そこが、すごく違う。今は(気持ちに)余裕を持って乗れています。それが、いい結果につながっているのかもね」

―― 騎乗以外の部分はいかがですか。日本での生活というか、日本競馬の環境には慣れましたか。

「JRAは(騎手に対する規則や規制が)すごく厳しいね。ボクはいまだに、日々緊張して過ごしているよ(笑)。競馬の騎乗前に行なわれる身体検査などは、相当厳しくチェックされる。それに、携帯電話ね。例えば、土曜日に阪神競馬場で騎乗して、日曜日には中山競馬場で騎乗する場合、土曜日のレース後に新幹線で移動するでしょ。そのとき、たまたま携帯電話でレースの情報などを見ていたとしても、他の誰かに『あの人、携帯電話を使っていましたよ』と告発されたら、(レース前日は外部と連絡をとってはいけないため)処分の対象になるかもしれない。でも、厳しいのはいい。すごく大事なことね」

―― さて、この夏には『サマージョッキーシリーズ』(※)のチャンピオンに輝きました。初めて日本の夏競馬を通しで戦って、印象に残っていることはありますか。
※夏競馬を盛り上げるために2006年から行なわれている重賞のシリーズ戦。6月〜9月に開催される指定重賞での成績をポイント化し、その総合得点を競うもの。芝のスプリント戦(1000m〜1200m)を対象にしたものが『サマースプリントシリーズ』、芝1600m戦を対象にしたものが『サマーマイルシリーズ』、芝2000m戦を対象にしたものが『サマー2000シリーズ』。そして、それらすべてのレースを対象にしたものが『サマージョッキーズシリーズ』。

「函館がよかったね。ボク、ウニ丼が大好き! 1週間函館にいて、毎日、ウニ丼、ウニ丼、ウニ丼、たまにスープカレーで、またウニ丼って(笑)。函館は、食べ物がめっちゃ美味しかったね。競馬では、その函館競馬場をはじめ、福島、新潟、札幌と、まだ騎乗経験のなかったJRAの競馬場で乗ることができたのが、とにかくよかった。それぞれで勝つこともできた。これで、JRAの全部の競馬場で勝利を記録したことになる。一人前になれた感じ? すっごいうれしかったよ」

―― 夏競馬の活躍ぶりもすごかったのですが、春競馬でも素晴らしい成績を残しています。最も強く印象に残っているのは、やはり牡馬クラシックです。ドゥラメンテ(牡3歳)とのコンビで、皐月賞(4月19日/中山・芝2000m)、日本ダービー(5月31日/東京・芝2400m)の二冠を達成しました。まずは、同馬についての印象を聞かせてください。

「ボク、騎手になって22年が経つけど、日本も、海外も含めて、これまでに乗った馬の中で一番強いのが、ドゥラメンテ」

―― 特に皐月賞での、最後の直線の弾け方がすごかった。一度、外によれながらも強襲。あれほどの脚は、見たことがありません。実際に騎乗されていて、その感触はいかがでしたか。

「最後の直線に入って前を見たら、(先に抜け出した2番人気の)リアルスティール(牡3歳)は8馬身も先にいた。直線の短い中山では、そこからどんなにがんばっても2着か、3着がいいところだよ。皐月賞、すごく勝ちたかったけど、『今日はダメかな』って思いましたね。でも、外に出して前を向くと、そこからすごい瞬発力だった。『えッ? 勝つの?』って感じで、そのまま突き抜けてくれた。外によれたときはすごくびっくりしたし、怖かったけど(笑)、勝てて本当にうれしかった」

―― ゴール手前では何度も頭を振っていました。

「アンビリーバブル! 信じられな〜い! という気持ちだった」

―― 続くダービーでは、好位から抜け出す、まさに"横綱相撲"の競馬。危なげない勝利でした。

「皐月賞に比べたら、レースはとても楽でしたね。4コーナーで他馬とぶつかってエキサイトして、少しスパートが早くなってしまったけど、まったくノープロブレム。見たとおりの、強い競馬でした」

―― ドゥラメンテについて、最初からこんなに強い馬だと思っていましたか。

「(ドゥラメンテに騎乗することが決まって)最初に共同通信杯(2着。2月15日/東京・芝1800m)のビデオ映像を見ました。あのレースでは、すごく引っかかっていたでしょ? だから当時、スタッフは『この馬はダービーを勝つ馬』って言っていたけど、ボクは『この馬は無理よ。2400mの距離は走れないよ』って言ったんだ。でも、皐月賞の1週前に追い切りに乗って、びっくりしました。見た感じは、筋肉がついていないし、細くて女の子みたいなのに、乗るとすごく(馬体が)柔らかいし、走らせると動きが素晴らしかった。それで、すぐに考えが変わった。『この馬は強い、2400mも大丈夫よ』って(笑)」

―― ダービーを勝ったあとは、祝杯をあげたのでしょうか。

「次の日の朝8時まで、ね。もうフラフラだったよ(笑)」

―― お酒は強いのですか。

「競走馬に例えて言えば、クリストフ(・ルメール)とユタカさん(武豊)は、オープンクラスね。ボクは、ぜいぜい500万条件。いや、未勝利かな(笑)。すぐに酔っ払ってしまいます。でも、飲むのは大好き」

―― ダービーを勝ったあと、ドゥラメンテの向かう先について、秋は菊花賞か、凱旋門賞か、という話題が挙がりました。デムーロ騎手は、どちらのレースがいいと思っていましたか。

「菊花賞にはヒストリーがあります。それに、日本のトリプルクラウン(三冠達成)は大きな夢。(2003年の)ネオユニヴァースのときは、皐月賞とダービーを制しながら、菊花賞では3着に敗れてしまいました。そのリベンジを(ドゥラメンテで)果たしたい、という気持ちはありました。でもやっぱり、凱旋門賞も勝ちたい。だから、どっちがいいという思いはなかった。菊花賞でも、凱旋門賞でも、ボクはどちらでもよかった」

―― ただ残念なことに、ドゥラメンテはダービーのあと、骨折が判明して現在は休養中です。近況などはうかがったりしているのですか。

「夏に札幌に行ったとき、牧場でドゥラメンテには会ってきました。すごく大きくなっていましたね。今、馬体重は500kgぐらいあります。ダービーのときが484kgだったから、20kgぐらい増えたのかな。それも、ただ大きくなったというのではなくて、筋肉がついてがっしりしていた。大人の体になったな、成長しているなって思いましたよ」

―― 復帰予定は聞いていますか。

「ゆっくり、ゆっくりと調整して、たぶん来年の3月くらいなんじゃないかな。その日が来るのが、すっごい楽しみです」

新山藍朗●構成 text by Niiyama Airo