中野良子(左)と倍賞千恵子(右)

写真拡大

10月22日〜31日に開催される第28回東京国際映画祭で、来月一周忌を迎える高倉健の追悼特集「高倉健と生きた時代」が組まれるが、この特集上映で高倉と3度に渡って映画共演をはたした倍賞千恵子(10月25日)と、海外でも高い人気を得ている中野良子(10月26日)が舞台挨拶に登壇することがわかった。

高倉健が富山刑務所で異例の舞台挨拶、心に染みる言葉に涙ぐむ受刑者も

倍賞は今回の追悼特集で上映される『幸福の黄色いハンカチ』(77年)、『遙かなる山の呼び声』(80年)、『駅 STATION』(81年)で共演。中国で8億人の心を魅了した『君よ憤怒の河を渉れ』(76年)で高倉と共演した中野は、現在日本と中国の文化交流の場で活躍中で、『野性の証明』も初DCP上映される。

なお、今回は特集上映のために全作品をDCP(デジタルシネマパッケージ)化。公開当時の鮮明な画質で、英語字幕付き上映となる。

上映と舞台挨拶のスケジュールは以下の通り。

【会場:TOHOシネマズ新宿】たけだりな

◆10月23日(金) 
『幸福の黄色いハンカチ』(77年)配給:松竹/監督:山田洋次
『遙かなる山の呼び声』(80年)配給:松竹/監督:山田洋次
『鉄道員(ぽっぽや)』(99年)配給:東映/監督:降旗康男    

◆10月24日(土) 
『日本侠客伝』(64年) 配給:東映/監督:マキノ雅弘
『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』(66年)配給:東映/監督:佐伯清

◆10月25日(日)
『幸福の黄色いハンカチ』(77年)配給:松竹/監督:山田洋次
『遥かなる山の呼び声』(80年)配給:松竹/監督:山田洋次 
※倍賞千恵子による舞台挨拶あり
『駅 STATION』(81年)配給:東宝/監督:降旗康男
 
◆10月26日(月) 
『君よ憤怒の河を渉れ』(76年)配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌 
『野性の証明』(78年)配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌
※中野良子さん舞台挨拶
『網走番外地』(65年)配給:東映/監督:石井輝男

◆10月27日(火) 
『鉄道員 (ぽっぽや)』(99年)配給:東映/監督:降旗康男    
『単騎、千里を走る。』(05年)配給:東宝/監督:チャン・イーモウ、降旗康男 
『日本侠客伝』(64年)配給:東映/監督:マキノ雅弘
  
◆10月28日(水) 
『昭和残侠伝 唐獅子牡丹』(66年)配給:東映/監督:佐伯 清
『君よ憤怒の河を渉れ』(76年)配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌 
『野性の証明』(78年)配給:KADOKAWA/監督:佐藤純彌 

◆10月29日(木)
『網走番外地』(65年) 配給:東映/監督:石井輝男
『単騎、千里を走る。』(05年) 配給:東宝/監督:チャン・イーモウ、降旗康男 
『駅 STATION』(81年)配給:東宝/監督:降旗康男

[動画]山田洋次&桃井かおり、『幸福の黄色いハンカチ』の思い出話に花が咲く
[動画]高倉健に激励された浅野忠信、健さんが楽しんでくれる映画に出たい
高倉健が2日間絶食!? 山田洋次監督と桃井かおりがその理由を語った
高倉健、たけしとの再共演が待ち遠しくて自ら高山駅まで出迎えに!