福島良一MLBコアサイド
【MLBプレーオフ2015】ディビジョンシリーズ展望@ナ・リーグ編

 ア・リーグに続き、10月9日(日本時間10月10日)からナ・リーグのディビジョンシリーズがスタートします。まず注目は、1988年以来となるロサンゼルス・ドジャースとニューヨーク・メッツとの対戦でしょう。1988年のリーグチャンピオンシップシリーズでぶつかった両者は、ドジャースが4勝3敗で勝利。エースのオーレル・ハーシュハイザーがリーグチャンピオンシップシリーズとワールドシリーズでMVPをダブル受賞し、ドジャースは7年ぶりの世界一に輝きました。

 今シーズンのドジャースといえば、やはり「最強2枚看板」の存在なしには語れません。クレイトン・カーショウとザック・グレインキーのふたりでナ・リーグ西地区を制覇した、といっても過言ではないでしょう。16勝7敗のカーショウはメジャートップの301奪三振、そして19勝3敗のグレインキーもメジャートップの防御率1.66という驚異的な数字を残しています。

 このふたりを見ていると、1960年代のドジャースを思い出します。当時はドジャースの黄金時代で、左のサンディー・コーファックスと、右のドン・ドライスデールという両腕で頂点を掴み取りました。他球団でたとえるなら、2001年に世界一に輝いたアリゾナ・ダイヤモンドバックスの左腕ランディ・ジョンソンと、右腕カート・シリングのコンビでしょうか。それらと比較できるぐらい、左のカーショウと右のグレインキーの「最強左右コンビ」は、今のメジャーリーグで抜きん出ていると思います。

 短期決戦のプレーオフを勝ち抜くにおいて、確実に勝ち星の計算ができる絶対的エースの存在は非常に大きいです。なにしろ、このふたりがいるだけで、まず2勝を稼げるわけですから。

 しかしながら、ひとつだけ不安要素があります。それは、カーショウのポストシーズン成績が通算1勝5敗と、大きく負け越している点です、特に昨シーズン、シーズンMVPとサイ・ヤング賞のダブル受賞を果たしたカーショウは、セントルイス・カージナルスとのディビジョンシリーズで2試合に先発し、0勝2敗・防御率7.82という信じられない投球内容でした。カーショウにとっては昨年の悪夢を振り切れるかどうかの正念場となります。

 対するメッツは、若い先発投手陣が大きな武器です。エースとして君臨する26歳のマット・ハービー(13勝8敗)、ディビジョンシリーズ第1戦で先発する27歳のジェイコブ・デグロム(14勝8敗)、そして23歳のルーキー右腕ノア・シンダーガード(9勝7敗)と、若い豪腕投手を擁しています。ドジャースが誇る2枚看板に対し、メッツの若い豪腕たちがどこまで対抗できるかがポイントとなるでしょう。

 ひとつ気になるのは、2013年にトミー・ジョン手術を受けたエースのハービーです。2014年は一度も登板することなく、今シーズンはいきなりレギュラーシーズンで189イニング3分の1を投げました。彼の代理人のスコット・ボラスは「180イニング以上投げさせるな」とチームに苦言を呈していますが、今のところディビジョンシリーズ第3戦で先発するようです。無理はさせられないと思いますので、ハービーの起用方法は不安材料と言えるかもしれません。

 その代わり、メッツは新しい武器を手に入れました。それは、キューバ出身スラッガーのヨエニス・セスペデスです。7月31日のトレード期限ぎりぎりで移籍すると、それまで貧打に泣いていたメッツ打線はガラリと変わりました。セスペデスがチームを引っ張ることで、シーズン後半戦はナ・リーグ1位の得点力・本塁打数をマークしたのです。

 投手王国ドジャースに、メッツ打線がどこまで爆発できるか――。そんな期待をしたいのですが、このカードは投手戦になるかもしれません。ポストシーズンの全米テレビ中継は試合開始が予定より遅くなり、日の入りの時間帯にスタートすることが多いので、照明などの影響でバッターはボールが見づらいのです。また、ドジャースの本拠地ドジャースタジアムも、メッツの本拠地シティ・フィールドもホームランが出にくい球場なので、このカードは投手戦になるのではないでしょうか。

 そしてもうひとつのカードは、中地区を制したセントルイス・カージナルスと、ワイルドカードゲームから勝ち上がったシカゴ・カブスとの対戦となります。オールドファンにとって、このカードはたまらないでしょう。なぜならば、19世紀から存続する古豪同士の対決だからです。

 ア・リーグのディビジョンシリーズを見てみると、トロント・ブルージェイズ(東地区)、カンザスシティ・ロイヤルズ(中地区)、テキサス・レンジャーズ(西地区)、ヒューストン・アストロズ(ワイルドカード)の4チームは、すべて1961年以降のエクスパンション(球団拡張)によって誕生しました。それに対し、カブスは1876年、カージナルスは1892年の創設。しかも、カブスとカージナルスはアメリカでもっとも古くから続くライバル関係です。これは、盛り上がること必至でしょう。

 今シーズン、メジャー30球団で唯一100勝をマークし、最高勝率(.617)でポストシーズンに挑むカージナルスは、ある意味でもっともワールドチャンピオンに近いチームとも言えます。地区優勝は3年連続、プレーオフ進出は5年連続。優勝経験の豊富な選手が揃う「ナ・リーグの常勝軍団」です。

 ただ、気がかりなのは、7年連続でゴールドグラブ賞を受賞しているキャッチャーのヤディアー・モリーナの状態でしょう。9月20日のカブス戦で左手親指のじん帯を傷め、その後は試合を欠場しているのです。プレーオフには間に合うと言われていますが、チームの精神的支柱なだけに、モリーナが万全な状態で復帰できるかどうかがポイントとなるでしょう。

 一方、うれしい復帰材料もあります。それは、開幕早々に左アキレス腱を断裂して離脱していたエースのアダム・ウェインライントがシーズン終盤で合流したことです。先発として投げることは難しいかもしれませんが、リリーフとしてなら起用されるのではないでしょうか。2006年のポストシーズンではクローザーとして活躍し、ワールドシリーズ制覇に貢献した実績もあります。もしかしたらディビジョンシリーズでは、エースのウェインライトがチームの救世主となるかもしれません。

 対するカブスの最大のウリは、前回のコラム(「今季ナンバー1の出世頭。カブスの29歳右腕に全米騒然!」)でも紹介したエースのジェイク・アリエッタです。メジャー1位の22勝(6敗)をマークし、防御率1.77はメジャー2位。彼が投げればほとんど失点しないという、圧巻のピッチングを披露しています。10月7日に行なわれたピッツバーグ・パイレーツとのワイルドカードゲームでも、4安打・11奪三振で完封勝利を飾りました。

 また、ディビジョンシリーズではアリエッタと並んで注目すべき投手がいます。それは、昨年12月に総額1億5500万ドル(約185億円・当時)で加入したジョン・レスターです。ボストン・レッドソックス時代に世界一に2度輝き、ディビジョンシリーズでの通算成績は2勝1敗・防御率1.63。ワールドシリーズでも通算3勝0敗・防御率0.43という驚異的な数字を残すなど、「ポストシーズン男」から目が離せません。

 今シーズンのカブスは打線も魅力的で、26歳のアンソニー・リゾは2年連続30本塁打を達成し、自身初の100打点もマーク。さらに、23歳のクリス・ブライアントもルーキーながら26本塁打・99打点を記録するなど、若いスラッガーが顔を揃えているのです。

 この若さあふれる勢いは、カブスのデータにも表れています。今シーズンはサヨナラ勝ちを13試合マークしており、これはメジャーでもっとも多い数字です。常勝軍団のカージナルス相手に、番狂わせを見せる可能性は十分にあります。

 はたして、ナ・リーグを制するのはどのチームか。いよいよ待望のディビジョンシリーズの開幕です。

福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu