Facebook「よくないね」ボタンはやっぱり「やらない」

写真拡大

Facebookは、「いいね!」ボタンに追加するかたちで、悲しみや怒りを絵文字で現すことができる「リアクションズ」機能を追加する。実際に動作している動画と合わせて紹介したい。

「Facebook「よくないね」ボタンはやっぱり「やらない」」の写真・リンク付きの記事はこちら

Facebookにあるのは「いいね!」ボタンだけで、「dislike」(よくないね)ボタンはなく、怒りや反対などの気持ちを伝えられない。こうした不満について、フェイスブックの創業者であるマーク・ザッカーバーグは2015年9月、クレームが多さを理由に、現在この問題に取り組んでいると語った。

この発言は大きな反響や憶測を呼んでいたが、同社は新しい機能をテストしていることを認めた

導入されたのは、「dislike」(よくないね)ボタンではなく、複数の絵文字だ。「リアクションズ」と呼ばれるこのボタンは、「いいね!ボタンより豊かに感情を表現できる」とザッカーバーグ氏はFacebookの投稿で語っている。

具体的には、「いいね」ボタンを長押しすると絵文字のトレイが表示され、「Like!」(いいね)、「Love」(好き)、「Haha」(笑)、「Yay」(イェイ!)、「Wow」(ワオ!)、「Sad」(悲しい)、「Angry」(腹が立つ)の各絵文字が表示される。

「リアクションは、愛情、恐れ、ユーモア、そして悲しみを表現する新しい手段だ。よくないねボタンではないが、悲しみや共感を簡単に表現する力を与えてくれる」と、ザッカーバーグ氏は投稿の中で述べている。

関連記事:ネットで進化する(笑)の表現方法:Facebookの調査結果

この機能を現在利用できるのは、アイルランドとスペインのFacebookユーザーのみで、それ以外の地域に展開される時期は決まっていない。このテスト運用からさまざまなことを学んだ上で、他の国々に展開する予定だという。

Facebook’s new reactions are all animated and adorable! pic.twitter.com/Sy9z91Beeg

— Owen Williams (@ow) 2015, 10月 8

「よくないね」ボタンが欲しいと考えてきた人からは、結局導入されなかったことに不満が出てくるだろう。だが、ザッカーバーグ氏は、今回の絵文字の導入によって、人々は「礼儀正しさ」を保ちながら意見や感情を伝えられるようになる、と説明している。

TAG

FacebookWIRED UK